【公認会計士論文式試験】財務会計論で1点でも多くとる解答戦略


4 白紙答案をなくすコツは?

白紙答案をなくすコツは「ヒント」に思いっきり依存することです。論文式試験は、とにかく問題文に多くのヒントが示されています(採点する側にもメリットがあるので)。まったく答えがわからなかったら、思いっきりヒントに乗っかって論理を展開してください。ブーメランのように採点者に戻っていき、低い点数はつけられにくくなります。

知っている正確な知識を使うことも大切です。0点となる可能性をなくす程度のコツですが、最善を尽くすことができます。

また、白紙をなくそうと結論だけでも書こうとする人がいます。「この方法は認められない。」「適正ではない。」「本問の方法は問題である。」など、簡潔に結論を書くことはとても大事です。しかし、点数がこない可能性があります。なぜなら、出題者が一番知りたいことは「理由」や「根拠」だからです。これは「結論」とワンセットになるので、よっぽどチンプンカンプンな内容でないかぎり「理由」や「根拠」も必ず書くようにしましょう

白紙答案をなくすコツをより実践的に紹介◎
【公認会計士論文式試験】わからない論点でも白紙答案がなくせるテクニック

見直しは必要?


固定ページ:
1 2 3

4

5 6

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る