【公認会計士論文式試験】財務会計論で1点でも多くとる解答戦略


5 見直しは必要?

見直しの時間を確保することは絶対にお勧めします。残りラスト5分で解いた問題や書いた文章は、基本的には支離滅裂で数値も合っていない可能性が高いです。といいますか、よっぽどのことがないかぎり合っていないものだと割り切ってください。

公認会計士試験はゲーム的な要素が強いので、すべて「解答用紙に書かれたもの」で評価されます。一番やってはいけないミスは、「正解なのに解答欄、書き方を間違える」です。一生悔やまれます。しかし、誰にでも起こりうるのです。「自分は大丈夫」で大丈夫じゃなかった人、最近多く見かけますよね。残り5分、3分でもいいです。自分の答案用紙を確認してください。書く場所、単位、プラスマイナス、借方貸方…。「ほら、やっぱり間違っていないじゃないか」でもいいのです。この数分の心がけが、試験後の皆さんを救ってくれます。

2日間を走りぬくために


固定ページ:
1 2 3 4

5

6

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る