【公認会計士論文式試験】財務会計論で1点でも多くとる解答戦略


3 理論に下書きって必要?

下書きのない解答は「監査計画のない監査」のようなものです。完全一致の典型論点なら別かもしれませんが、それでも解答の方針となる下書きは必要です(単に定義を書く系であれば不要です。私は受験当時、資産負債法と繰延法の内容が問われましたが、さすがにそれはすぐ書きました)。

下書きはほんの数秒数分でできます。それが結果的に時間短縮につながります。ケチらないでください。本試験は緊張しますよね? いわゆる「テンパる」状態で文章を書くことになるので、慌てますし焦ります。下書きは自分の中での「基本方針」となるので、心に余裕ができ、結果的に修正テープの使用頻度を減らすのです。意外にも下書きなしで解答すると、途中で「あれを忘れた」「これを足さなきゃ」「思った解答と違う」的なことが起こります。

典型論点であれば簡単な下書きを、少しひねった論点であればちょっとだけ丁寧に下書きを書いてみましょう。

白紙答案をなくすコツは?


固定ページ:
1 2

3

4 5 6

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る