【計算4択・1分クイズ】最終回:剰余金配当時の準備金積立額


問 題(難易度:★★)

定時株主総会で繰越利益剰余金18,000千円とその他資本剰余金4,500千円を財源として配当を行うことが決議された。この時に資本金が250,000千円、資本準備金が32,500千円、利益準備金が28,200千円であった場合に剰余金配当時に利益準備金として積立てるべき金額で正しいものを下記の中から選択しなさい。

(1) 360千円 
(2) 1,440千円 
(3) 1,800千円 
(4) 2,250千円 

解 答

正解 (2) 1,440千円 

本問の剰余金の配当によれば配当額の1/10の準備金の積立を行うと資本金の1/4を超過することになる。このために要積立額を利益剰余金と資本剰余金の配当額で配分して資本準備金と利益準備金を積立ることになる。

① 準備金要積立額:
250,000千円÷1/4-(32,500千円+28,200千円)=1,800千円

② 利益準備金積立額:
1,800千円×18,000千円/(18,000千円+4,500千円)=1,440千円

③ 資本準備金積立額:
1,800千円×4,500千円/(18,000千円+4,500千円)=360千円


(執筆者紹介)
堀川 洋(ほりかわ・よう)
堀川塾塾長
大学卒業後、税理士試験に合格。その後、専門学校において税理士講座の指導を約40年担当し、2010年に会計に関連する資格試験の受験を専門にした堀川塾を設立。受験指導を中心に、書籍の執筆や大学での講師など、幅広い経験をもつ。
主著に『電卓操作最短・最速攻略法〔第2版〕』(中央経済社)、『日商簿記受験生のための電卓操作完ぺき自習帳〔改訂版〕』『ここから始める理論暗記の極意』(いずれもとりい書房刊)など多数。

※ 本稿は、『会計人コース』2019年8月号に掲載した記事を再編集したものです。


記事一覧
① 固定資産買換えに係る減価償却費
② 貸付金に関する為替予約
③ 税効果会計の基本
④ キャッシュ・フロー見積法による貸倒引当金
⑤ 売価還元法
⑥ 有価証券売却益の計上
⑦ キャッシュ・フロー計算書における貸付金
⑧ 株主資本等変動計算書におけるその他有価証券評価差額金
⑨ 社債の買入償還
⑩ 仕入割戻と仕入割引
⑪ 借地権の更新
⑫ 金銭債権に関する償却原価法
⑬ 商品売買原価率
⑭ 退職給付引当金の計上
⑮ 積立金方式による圧縮記帳
⑯ 自己株式に関するその他資本剰余金
⑰ 満期保有目的債券の期末処理
⑱ 改定償却率による減価償却費
⑲ 外貨建その他有価証券の期末評価
⑳ 資産除去債務
㉑ 商品評価損に係る税効果会計
㉒ 先入先出法に関する期末商品の評価
㉓ 当座預金勘定の修正
㉔ 割賦販売の回収期限到来基準
㉕ 資本的支出に係る減価償却費
㉖ 破産更生債権の金額
㉗ 値上家賃に係る前払家賃の計上
㉘ 工事進行基準による収益計上
㉙ 剰余金配当時の準備金積立額


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る