【税理士試験】合格体験記 -忙しい子育てママから官報合格へ! ~「仕事」「育児」「家事」「勉強」の4足のわらじ


野中麻衣子さん(会社員)

●合格科目
簿記論・財務諸表論(平成17年)
消費税法(平成27年)
法人税法(平成30年)
国税徴収法(令和元年) 

●出身大学
同志社大学 

1 受験の動機

就職氷河期で希望していたところに就職できず、せっかく決まった正社員の仕事も体調を崩してしまい辞めてしまったため、何か手に職をつけたいと考え税理士試験の勉強を始めました。

2 受験環境

簿記論と財務諸表論の受験時は仕事をしながらの受験でした。

その後結婚し、子どもを二人出産し10年ほど税理士試験から遠ざかり、税法の受験を始めた時は、「仕事」「育児」「家事」にプラスして「勉強」をするという環境に変わりました。

3 受験計画

受験再開後は、育児が自分の中での最優先事項かつ仕事もしていたため法人税法は2年かけ、後の税法科目は1年で合計4年かけて取得しようと考えていましたが、実際は法人税法合格までに3年かかり、税法科目の合格に計5年かかりました。

4 学習法

とりあえず時間がない中での受験勉強だったため、書くという時間を極力減らしました。

●理論は理解が大事

理論は、まず理解をすることを最優先しました。

最後に受験した国税徴収法を例にすると、まず税務大学校の税大講本や授業で使うテキストを使って国税徴収法がどういう法律であるかを理解することから始めました。

大まかな枠組みが理解できたら、テーマごと、単元ごと、文章ごとと小さい枠組みに区切って理解を深めます。

最終的にその理論について全く知らない人に対しても説明できるようになるほど理解ができれば、次は単元ごとに声に出して録音する、そしてそれを聞きながら自分でも口に出して覚える。というように座らなくても勉強できる時間を多くすることを心掛けました。

こうすることで、一人でいるわずかな時間も勉強に充てることができました。

●計算は初見時のみ紙に書く

計算は、最初の1回目の時は紙に書いて解きましたが、それ以降は解答を手元におきながら計算式が合っているかをチェックして、電卓を叩いて数字が合っているかをチェックするだけの方法にしていました。

そうすることで大幅に時間を短縮することができ、何度も計算を解くことができました。

問題を覚えるほどやるように先生に言われていたこともあり、答練を含めすべての問題を覚えるほどやりました。

●睡眠時間を削るのはやめました

法人税の時は、それでも時間が足りずに睡眠時間を3時間ほどに削って勉強をしていましたが、逆に睡眠時間を削ると問題を解くスピードや記憶力が落ちてしまうことに気づいたため、その後は最低5時間寝るように心がけました。


固定ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  2. 2
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
  3. 3
    本記事は、2020年7月臨時増刊号『税理士試験 でる順予想号』の「今年の出題予想を分析する 簿記論…
  4. 4
    令和2年度(第70回)税理士試験は、8/18(火)~8/20(木)に実施予定です。 例年より2週間…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉛中村亮介( 筑波大学ビジネスサイエンス系准教授 ) …
ページ上部へ戻る