【クイズでわかる消費税法のキホン】第2回:課税対象②



条文や通達、Q&Aなどから受験勉強で役に立ちそうな論点をピックアップ。クイズ形式で手軽に消費税法のキホンを学ぶ連載です。なお、特に断りのない場合には、取引は国内において行われたものとして解答してください。


加藤久也
(税理士)

【問題】

当社は、A社に当社株式を引渡し、A社から当社の口座に100万円が振り込まれました。この株式の引渡しは、消費税の課税対象となりますか。

【解答】

この株式の引渡しは、消費税の課税対象となりません。

【解説】

この株式の引渡しは、自己株式の処分であり、資産の譲渡等には該当しません

自己株式の取扱い(消費税法基本通達5-2-9)

法人が自己株式を取得する場合(証券市場での買入れによる取得を除く。)における株主から当該法人への株式の引渡し及び法人が自己株式を処分する場合における他の者への株式の引渡しは、いずれも資産の譲渡等に該当しない。

<執筆者紹介>
加藤 久也(かとう・ひさや)
1991年富山大学理学部卒。1991年~1995年株式会社日立製作所に勤務。1998年税理士試験合格。2000年税理士登録。2002年愛知県春日井市に加藤久也税理士事務所開業。税理士業の他、1998年~2019年名古屋大原学園、2016年~名城大学、2019年~愛知淑徳大学にて非常勤講師を務めている。2017年~東海税理士会税務研究所研究員、2019年~日本税法学会所属。著書に『ワークフロー式消費税[軽減税率]申告書作成の実務』(共著、日本法令)がある。

バックナンバー
第1回:課税対象①


関連記事

ページ上部へ戻る