第156回日商簿記検定試験(2020年11月15日)は予定通り施行!


日本商工会議所と各地商工会議所は、11月4日、第156回日商簿記検定試験(2020年11月15日)について、新型コロナウイルス感染症対策を講じつつ、予定通り全国で施行すると発表しました。

なお、新型コロナ禍での施行となることから、受験者の皆様のご協力・ご理解をお願いするとしています。

注意事項の概要は以下のとおりです。

1.受験票は、お申し込み先の商工会議所から送付する。発送スケジュールや未着問い合わせ期間については、当該商工会議所のホームページ等を確認すること。

2.受験に際しての連絡・注意事項については、お申し込み先商工会議所から送付される受験票や受験要項、ホームページ等に掲載されているので、試験当日までに必ず確認すること。

3.試験会場での新型コロナウイルス感染防止を図るため、試験当日朝のご自宅等での検温や試験会場でのマスク着用等、受験のお申込み時に同意いただいた内容を改めて確認すること。

詳細は、検定試験ホームページをご確認ください。

注意事項をよくご確認の上、万全の対策をして、実力を発揮しましょう。


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る