2020年8月23日の短答式、11月の論文式を受験される会計士試験受験生の皆さんへ


コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉚
本所 靖博(明治大学国家試験指導センター経理研究所主任、
明治大学農学部専任准教授)

 はじめまして。
 明治大学で会計学の専任教員をしている本所(ほんじょ)と申します。
 本務は農学部食料環境政策学科で「会計学入門」や「持続可能性の会計学」という科目を担当しています。
 また、明治大学には公認会計士試験を目指す学生を支援する機関として、国家試験指導センター経理研究所があり、そこで主任として受験生のサポートをしています。

 この度、大学生の頃からお世話になっている中央経済社さんから、会計人コースWEBの原稿執筆の機会をいただきました。
 私が初めて、簿記を学習した時に手にしたのが中央経済社のベストセラー『検定簿記講義』でした。
 そのご縁がなければいまの私はありません。
 そのご縁に感謝して、少しでも皆様のお役に立てばと思い、文字を走らせてみました。

◆8月に短答式を受験される皆さんへ

 社会の日常も新しい生活様式をとりいれたくらしへ向けて動き始めました。
 このタイミングで、目標とする日程が8月23日と発表されたことは、特に短答式試験受験の皆さんにとっては、目標が具体的になったことで、気持ちの面でも学習計画の面でも切り替えのきっかけになると思います。
 受験生の皆さんはどのようにリスタートしますか?

 これから短答式試験を受ける方は、計算科目などのクリアに少し時間がかかった人、少し苦労している人が多いと思います。
 物事を成し遂げるのに3か月100日はちょうどいい期間です。
 自分の道を切り開く苦労と向き合う受験生に「かつて吉田松陰が松下村塾の塾生に送ったとされる言葉」を贈って、私のエールといたします。

「一月(ひとつき)にして能(よ)くせずんば、則(すなわ)ち両月にして之(こ)れを為さん。両月にして能くせずんば、則ち百日にして之れを為さん。之れを為して成らずんば、輟(や)めざるなり。」

(現代語訳)
「1か月でやり遂げることができないならば、2か月かけてやればよい。3か月でできなければ、百日かけてやればよい。できないからといって決して途中で投げ出さないことだ。」
(出所)松陰神社ホームページ「吉田松陰先生語録」より引用(2020/6/1アクセス)

◆11月に論文式を受験される皆さんへ

 論文式試験受験者の皆さんにも同じような時期が来るでしょう。
 夏休みでないことから試験会場の手配の都合もあると思います。
 3日間の試験ですから、11月1日~3日か11月21日~23日になるでしょうか。
 細かい日程は発表されるのを待つとして、「5月短答8月論文」から「8月短答11月論文」という括りで、「3か月100日」のタームが2回あると捉えればよいと思います。
 皆さんは短答式をクリアした実績を活かし、リスタートしてくれたらと思います。

 受験生の皆さんに、最後にもう一つ、吉田松陰さんの言葉を贈って終わりにします。

「一誠(いっせい)、兆人を感ぜしむ。」

(現代語訳)
「命をかけて貫くまごころは、限りなく多くの人々を感動させる」
(出所)松陰神社ホームページ「吉田松陰先生語録」より引用(2020/6/1アクセス)

 受験生の皆さんに感動し、祝福できる日が来ることを楽しみに待っています。

(本稿は、明治大学経理研究所に在籍する受験生や応援してくださる関係者向けに発信している公式ブログに掲載している記事をアレンジしたものです。)

<バックナンバー>

中国から見たコロナウィルスの進展 (望月 一央・MAZARS パートナー、公認会計士)

税理士・会計士受験生へ:不安に打ち勝って、昨日の自分より今日の自分が一歩でも成長できるように努力しよう!(並木秀明・千葉経済大学短期大学部教授)

会計学からの視点(佐藤信彦・熊本学園大学大学院教授)

新型コロナウイルスの影響で、経営者の打つべき手と緊急融資先(寺嶋 直史・株式会社レヴィング・パートナー代表取締役、 事業再生コンサルタント、中小企業診断士)

公認会計士の資格に内包されていること(百合野正博・同志社大学名誉教授)

受験生へ:効率がアップする自宅学習のヒント(暮木孝司先生)

感染終息の将来を見据えて「認定経営改革等支援機関」としての役割を果たそう!(河﨑照行・甲南大学名誉教授)

有事の今だからこそ心がけたいこと(木山泰嗣・青山学院大学教授、弁護士)

「耐雪梅花麗(冷たい雪に耐えて梅の花は麗しく咲く)」 茂垣 志乙里(税理士)

会計の専門家としての矜恃を持とう!(高橋 賢・横浜国立大学大学院教授)

⑪人の何倍も努力する(弥永真生・筑波大学教授)

現役の公認会計士と公認会計士を目指す諸君へ! (千代田邦夫、公認会計士・監査審査会元会長、立命館アジア太平洋大学客員教授) 

楽しむ「テレワーク」(山本守之・税理士)

自分が理想とする会計人の姿と、税理士試験受験の事前準備(渡邉圭・千葉商科大学基盤教育機構専任講師)

MBA教員が推薦するオススメ書籍3冊―企業内の経理・会計専門家へ向けてのGWの自宅学習の道標!(新井康平・大阪府立大学経済学研究科准教授)

今日の状況は社会の在り方を問う機会ともなっている(安酸建二・近畿大学教授)

新型コロナウイルスとオンライン化(太田康広・慶應義塾大学ビジネススクール教授)

非常時にこそ真価の問われるプロフェッショナル(鈴木一水・神戸大学大学院教授)

言葉を友人に持とう。書を持って、自宅にいよう。(杉本徳栄・関西学院大学大学院教授)

正しくリスク評価ができる会計士になろう!(坂上学・法政大学教授)

6月の日商簿記検定中止をチャンスに変えるためのアドバイス(並木秀明・千葉経済大学短期大学部教授)

変化する者が会計を制す(川野克典・日本大学教授)

㉓ 公認会計士短答式試験3ヵ月延期を前向きにとらえよう!(井ノ川博行先生・公認会計士)

危機の今こそ,経営をより良くする管理会計システムとは何かを問う絶好の時期(飛田努・福岡大学准教授)

最後は自分の頭で考える(浅野敬志・東京都立大学教授)

【受験生の皆様へ】才能ではなく、続けることが成功への最大の鍵です! 平井孝道(株式会社M-Cass 代表取締役 最高経営責任者CEO)

今勉強に行き詰まっている貴方は、ぜひ決算発表に注目しよう!―“決算探究”のススメ(上野雄史・静岡県立大学准教授)

ビジネスドクターと緊急資金繰り支援(増山英和・税理士)

今こそ新しい時代の会計の「教養」を考える(田口聡志・同志社大学大学院教授)


関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    このたび,会計人コースBOOKSとして『大学院ルートで税理士になる!』が刊行されます。 「会…
  2. 2
    公認会計士試験受験生のみなさん、就職活動について、お悩みはありませんか?会計専門のエージェントであ…
  3. 3
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
  4. 4
    こんにちは,編集部です。 2020年8月18日~20日、第70回税理士試験が行われました。受…
  5. 5
    税理士試験を受験されたみなさま、暑い中、おつかれさまでした。今年は、例年と異なる日程、会場の変更や…
ページ上部へ戻る