<直前期集中連載>財表理論 インプット&アウトプット同時マスター講座(第20回)―過去問チャレンジ⑥


(問題)

 ファイナンス・リース取引の貸手によって当該取引の会計処理の際に計上される資産が,貸借対照表において通常の販売目的で保有する棚卸資産と同一の区分に表示される場合が2つある。それら2つの場合を企業会計基準に基づいて解答するとともに,それぞれ具体的に説明しなさい。(H24・62回①改)


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る