今こそ新しい時代の会計の「教養」を考える


コロナに負けない!
会計人応援メッセージ㉙
田口 聡志(同志社大学大学院教授)

1 不確実な未来

 新型コロナウィルス問題を筆頭に、現代は不確実性が極めて高く、暗い将来しか見通せないような状況にある。
 例えば、クライアント企業の財務困窮を目の当たりにして「自分には一体何ができるのだろう・・・・・・」と憤りを感じている会計専門職の方もいらっしゃるかもしれない。
 また、新しいテクノロジーの進展を背景に、公認会計士や税理士の業務が、今後テクノロジーに代替されるという声もあり、「このまま勉強を続けて、自分は本当に大丈夫なのか?」と将来に大きな不安を抱えている受験生も、少なからずいるのではないだろうか。

 そのような大きな時代のうねりの中で、まさに今、我々会計人は、これからの新しい時代に向けて、自分たちが身に付けておくべき「教養」とは一体何かということを、突き付けられているようにも思われる。

2 新しい時代の教養:多様性とそもそも論

 では、その「教養」とは一体何か。
 それは大きく2つあると考えられる。

 第1は、多様な視点から物事を捉える力である。
 前述のように、現代は不確実性が高く、かつ極めて複雑な世の中であるといえる。
 例えば、現代企業が直面している課題は、様々な要素が複雑に絡み合っていることが多い。
 それらを解きほぐすには、多様な視点からアプローチする必要がある。研究も同じで、現代は、領域を超えた「総力戦」で戦うことが求められている。
 このことからすると、会計人といえども、単に会計のみならず、会計以外の領域にも広く精通し、かつ、それらを会計とを掛け合わせるとどんな新しい「知」が生まれるのかを、絶えず考え抜くことが今まさに求められているといえよう。

 また第2は、物事を「そもそも論」に戻って考える力である。
 複雑な現実世界を解きほぐすには、多様な視点だけでなく、「“そもそも”この問題のエッセンスは何か?」という素朴な疑問を持つことが有効である。
 エッセンスをシンプルに捉えることができれば、一見すると全く違ったかたちにみえていた他の事象との親和性もみえてくるし、そうすると、先の第1の教養との「あわせ技」で、物事の本質的な理解や問題解決へと繋がる可能性が高くなる。

3 未来を切り拓く

 「教養」という言葉は、ともすれば「簡単」「広く浅く」などと誤解されやすい。
 しかし本来は、人間を自由にする学問のことをいう。
 そう考えると、教養とは、答えのない社会の中で、自由な発想をもち、困難な未来を切り拓いていく力ともいえよう。
 不確実性の高い今だからこそ、まさに我々会計人には、このような新しい教養の涵養が、社会から求められているように思われるのである。

<著者紹介>
田口 聡志
(たぐち さとし)
同志社大学大学院商学研究科後期博士課程教授、博士(商学、慶應義塾大学)、公認会計士。㈱スペース社外取締役(監査等委員)、㈱GTM総研取締役。慶應義塾大学商学部助手(有期)などを経て現職。主著に、『教養の会計学 ーゲーム理論と実験でデザインする』ミネルヴァ書房、2020年、『実験制度会計論 ー未来の会計をデザインする』中央経済社、2015年(第58回日経・経済図書文化賞、第44回日本公認会計士協会学術賞、日本ディスクロージャー研究学会2017年度学会賞(著書の部)受賞)、『心理会計学ー会計における判断と意思決定』(監訳)、中央経済社、2012年ほか多数。

弊社刊行の田口先生ご執筆の研究書・翻訳書左は、 第58回日経・経済図書文化賞、第44回日本公認会計士協会学術賞、日本ディスクロージャー研究学会2017年度学会賞(著書の部)を受賞 し、高く評価されています。なお、上記内容の詳細については、新刊『教養の会計学』ミネルヴァ書房をご参照ください。

<バックナンバー>

中国から見たコロナウィルスの進展 (望月 一央・MAZARS パートナー、公認会計士)

税理士・会計士受験生へ:不安に打ち勝って、昨日の自分より今日の自分が一歩でも成長できるように努力しよう!(並木秀明・千葉経済大学短期大学部教授)

会計学からの視点(佐藤信彦・熊本学園大学大学院教授)

新型コロナウイルスの影響で、経営者の打つべき手と緊急融資先(寺嶋 直史・株式会社レヴィング・パートナー代表取締役、 事業再生コンサルタント、中小企業診断士)

公認会計士の資格に内包されていること(百合野正博・同志社大学名誉教授)

受験生へ:効率がアップする自宅学習のヒント(暮木孝司先生)

感染終息の将来を見据えて「認定経営改革等支援機関」としての役割を果たそう!(河﨑照行・甲南大学名誉教授)

有事の今だからこそ心がけたいこと(木山泰嗣・青山学院大学教授、弁護士)

「耐雪梅花麗(冷たい雪に耐えて梅の花は麗しく咲く)」 茂垣 志乙里(税理士)

会計の専門家としての矜恃を持とう!(高橋 賢・横浜国立大学大学院教授)

⑪人の何倍も努力する(弥永真生・筑波大学教授)

現役の公認会計士と公認会計士を目指す諸君へ! (千代田邦夫、公認会計士・監査審査会元会長、立命館アジア太平洋大学客員教授) 

楽しむ「テレワーク」(山本守之・税理士)

自分が理想とする会計人の姿と、税理士試験受験の事前準備(渡邉圭・千葉商科大学基盤教育機構専任講師)

MBA教員が推薦するオススメ書籍3冊―企業内の経理・会計専門家へ向けてのGWの自宅学習の道標!(新井康平・大阪府立大学経済学研究科准教授)

今日の状況は社会の在り方を問う機会ともなっている(安酸建二・近畿大学教授)

新型コロナウイルスとオンライン化(太田康広・慶應義塾大学ビジネススクール教授)

非常時にこそ真価の問われるプロフェッショナル(鈴木一水・神戸大学大学院教授)

言葉を友人に持とう。書を持って、自宅にいよう。(杉本徳栄・関西学院大学大学院教授)

正しくリスク評価ができる会計士になろう!(坂上学・法政大学教授)

6月の日商簿記検定中止をチャンスに変えるためのアドバイス(並木秀明・千葉経済大学短期大学部教授)

変化する者が会計を制す(川野克典・日本大学教授)

㉓ 公認会計士短答式試験3ヵ月延期を前向きにとらえよう!(井ノ川博行先生・公認会計士)

危機の今こそ,経営をより良くする管理会計システムとは何かを問う絶好の時期(飛田努・福岡大学准教授)

最後は自分の頭で考える(浅野敬志・東京都立大学教授)

【受験生の皆様へ】才能ではなく、続けることが成功への最大の鍵です! 平井孝道(株式会社M-Cass 代表取締役 最高経営責任者CEO)

今勉強に行き詰まっている貴方は、ぜひ決算発表に注目しよう!―“決算探究”のススメ(上野雄史・静岡県立大学准教授)

ビジネスドクターと緊急資金繰り支援(増山英和・税理士)


関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  2. 2
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
  3. 3
    本記事は、2020年7月臨時増刊号『税理士試験 でる順予想号』の「今年の出題予想を分析する 簿記論…
  4. 4
    令和2年度(第70回)税理士試験は、8/18(火)~8/20(木)に実施予定です。 例年より2週間…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉛中村亮介( 筑波大学ビジネスサイエンス系准教授 ) …
ページ上部へ戻る