【簿・財 間違いさがしで実力チェック】第10回:固定資産の減損①


公認会計士・税理士 加藤大吾

本連載では,簿記論・財務諸表論の計算問題における出題範囲について,特に誤答が多い論点を中心に,間違いやすい論点を取り上げていきます。
各問の【解説】に書かれている計算過程,仕訳および解答の金額に誤りが含まれているので,「ここが間違いじゃないかな?」という誤りを指摘してください。
電卓をたたかなくても,間違いさがしは可能です。
理解度や実力試しに、チャレンジしてみてください。

本連載は,会計人コース2020年3月号別冊付録「読んで考えて総復習 間違いだらけの計算問題」を再編集したものです。


難易度★★☆☆☆

問題10 固定資産の減損①

【問】 次の〔資料〕に基づき,当期(X1年4月1日~X2年3月31日)の損益計算書の減損損失はいくらか,求めなさい。

〔資料〕
1.当期末において,保有する機械装置(取得価額2,000,000円,耐用年数5年,減価償却方法は200%定率法,残存価額ゼロ,当期末現在2年経過)について,減損の兆候があると判断された。
2.機械装置の残存耐用年数の3年について,割引前将来キャッシュ・フローを見積もったところ,各年につき250,000円のキャッシュ・フローが見込まれ,耐用年数到来時の正味売却価額はゼロと見積もられた。
3.機械装置の当期末の正味売却価額は500,000円である。また,使用価値の算定にあたり,割引率は年8%であり,8%・3年の年金現価係数は2.577を使用する。

【間違いを含む解説】

1.減損損失を認識するかどうかの判定と測定
(1) 機械装置の帳簿価額
① 5年の200%定率法償却率:1÷5年×200%=0.4
② 帳簿価額:2,000,000円×(1-0.4)×(1-0.4)=720,000円
(2) 割引前将来キャッシュ・フローの合計額
250,000円×3年=750,000円
よって,帳簿価額が割引前将来キャッシュ・フローを下回るので,減損損失を認識する。
(3) 回収可能価額
使用価値は250,000円×2.577(8%・3年の年金現価係数)=644,250円となるので,正味売却価額500,000円と比較して,大きい方である使用価値644,250円が回収可能価額となる。
2.P/L減損損失(解答の金額)
(借) 減損損失   75,750
  (貸) 機械装置   75,750
(注) 720,000円(帳簿価額)-644,250円(回収可能価額)=75,750円


次ページ→ココが間違い!


固定ページ:

1

2

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    本Webをご覧いただいている税理士受験生の皆さんのなかには、会計事務所に勤めている方も多いと思いま…
  2. 2
    日本商工会議所から日商簿記検定2級・3級のネット試験について、お知らせがありました。 コロナ…
  3. 3
    吉田たかよし(本郷赤門前クリニック院長) 私は日本ではじめて受験生専門の心療内科クリニックを…
  4. 4
    編集部 本日,『大学院ルートで税理士になる!』(会計人コース編集部編)が刊行されました。 …
  5. 5
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
ページ上部へ戻る