イメージでつかむ「会計基準」

とほうに暮れる

第4回 財務会計の機能2

財務会計には大きく2つの機能があります。情報提供機能と利害調整機能です。

情報提供機能とは、財務諸表による会計報告によって、利害関係者に会計情報を開示(ディスクロージャー)する機能です。

利害調整機能とは、企業と利害関係者(ステークホルダー)の間で、利害を調整する機能です。企業は経済活動で創出した利益を基に、株主には配当金を支払い、銀行等の債権者には債務や利息の支払い、経営者には役員報酬を支払います。財務諸表による会計報告を行うことで、これらの支払金額が企業と利害関係者または株主と債権者等の利害関係者同士で利害を調整することが可能になります。

財務諸表を作成することで株主へ報告することができます。

その報告内容は株主が納得できるものになっているかも確認できます。納得できない場合もあります。

財務会計によって、株主と経営者の想いが同じであるかを確かめます。


固定ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    CONTENTS最寄り駅海浜幕張駅からの道順オススメ昼食スポット会場周辺のトイレ体温は何度上がる?…
  2. 2
    本記事は,会計人コース2019年8月号「ラスト1ヵ月の準備がカギ! 試験開始までの過ごし方」を編集…
  3. 3
    CONTENTSラッキーな出来事アンラッキーな出来事やっておくといいこと持っていくといいもの下見は…
  4. 4
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
ページ上部へ戻る