つぶ問7-4(財務諸表論)―外貨、デリバティブ、ヘッジ、税金、税効果


「つぶ問」は、『会計人コース』2018年9月号~2019年8月号の連載「税理士試験 独学合格プロジェクト」簿記論・財務諸表論に連動してTwitterで週1回配信した問題です。「粒ぞろいな問題」を「つぶやく」ことから、「つぶ問」とネーミングしました。
合格には、勉強をしない日を作らないことと、スキマ時間を活用することが大切です。「つぶ問」は簿・財それぞれ平日1問ずつ更新していきますので、ペースメーカーとしてご活用ください(合計で各48回の予定)。

【問題】

 次の注記にもとづき、下記の設問に答えなさい。

① 繰越欠損金は「一時差異」には該当しないが、税効果会計の対象となる理由を説明しなさい。

② 評価性引当額とは何か、またなぜ上記の注記で控除されているのか説明しなさい。


ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年2月号発売中!

【最新】会計人コース 2020年臨時増刊号発売

ランキング

  1. 1
    勉強することもできる会社のカフェテリア
    平川悠介さん(30代、会社員) 合格科目・受験歴: 2013年 簿記論〇、消費税法〇 201…
  2. 2
    合格祈願
    本日1月17日は、令和2年公認会計士試験(第I回)短答式試験の合格発表日。 さきほど、公認会…
  3. 3
    名前:青山容子さん年齢:アラフォー職業:開業税理士合格科目、合格年  ・簿記論 2003年  ・財…
  4. 4
    国税庁
    2020年1月10日付けの官報にて、第70回(令和2年度)税理士試験の試験委員が官報にて公告されま…
  5. 5
    大人気ブログ『資格の先のYU ME NO U E』の管理人、YU ME NO U Eさんに編集部が…
ページ上部へ戻る