1日3分でボーダー突破♪ 税理士試験 計算×理論30題―【18日目】貸倒引当金(破産更生債権等)


問 題
(目標時間:1分 難易度:中)

下記に示す資料を参考にして破産更生債権等について当期中に行うべき仕訳を示しなさい。

(資 料)

1 A社の売掛金80,000円は前期において同社が経営破綻し,会社更生法の申請をしたため破産更生債権等勘定に振り替えている。

2 前期末の決算で,このA社の破産更生債権等に債権と同額の80,000円の貸倒引当金を設定している。

3 当期においてA社の更生計画が下記のとおり決定した。

(1)債権総額95%は切り捨てられる。

(2)上記残額の5%は即時返済される。

4 即時返済を受けた金額は,当期中において現金ですでに受領済であり,仮受金勘定で処理している。

解答・解説は次ページへ


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る