<直前期集中連載>財表理論 インプット&アウトプット同時マスター講座(第35回)―過去問チャレンジ⑩


(問題)

1.利益計算はキャッシュ・フローの配分であるといわれることがあるが,その意味について簡潔に説明しなさい。(H23・61回②)

<類問> 企業会計原則は,「すべての費用及び収益は,その支出及び収入に基づいて計上し,その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。ただし,未実現収益は,原則として,当期の損益計算に計上してはならない。」(第二・一・A)と規定している。この原則に照らして,損益計算と当該キャッシュ・フロー計算との関係について,簡潔に説明しなさい。(H21・59回①)

2.現行の発生主義会計はいくつかの問題点を有しているが,それに対する対応策の1つとして近年キャッシュ・フロー会計が制度会計として導入された。キャッシュ・フローが導入される契機となった現行の発生主義会計の問題点を指摘しなさい。(H14・52回①)


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    M(大学3年生・経済学部) [word_balloon id="unset" src="ht…
  2. 2
    こんにちは! 会計人コースWeb編集部です。 1月4日、会計人コースWebのTwitterを…
  3. 3
    会計士を目指す皆さん、こんにちは!  「会計人コースWeb」編集部です。 新しい年とな…
  4. 4
    税理士試験に合格された方、本当におめでとうございます! これまでの努力が実を結びましたね。 …
  5. 5
    令和3年度税制改正大綱が、12月10日に取りまとめられました。税制改正の内容は新聞やテレビ等でも報…
ページ上部へ戻る