税法免除 大学院『租税法判例六法』を使いこなそう!

くまおさん

とうとう、都道府県をまたぐ移動の自粛も解除され、本格的に経済活動が再開されそうですね。

知り合いの大学の先生によると、多くの大学ではまだまだ入校制限がかかっていて、教室授業もゼミも、オンライン授業がメインのようです。
大学院も同様で、ZOOMなどを使って個別に指導されているよう。

その大学院の授業で、とても役に立ちそうな書籍をくまおさん (@kumaco55 )が投稿していたのでご紹介します。

税法免除をとるために大学院に入学した場合、判例研究は必須ですよね。その際に、条文と判例を紐づるのに大変有用なのがこちらの『租税法判例六法』(中里実・増井良啓(編)、有斐閣)です。

大学院入学後に使えるのはもちろん、大学院入試の際の「研究計画書」を作成するときにも使えると思います。

詳しくは、下記くまおさんの投稿をご覧になってください!


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る