長寿企業から学ぶ勉強法・仕事法


コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉜
大鹿 智基(早稲田大学商学部教授)

1. 立ち止まることはリスク

 新型コロナウィルス感染症の影響で、受験生の皆さんの多くに影響が出ているだろう。
 しかし、試験が実施される限り、必ず合格者が存在する。
 現下の状況を嘆いていても解決にならないし、他の受験生が勉強をしている間に立ち止まっていれば置いていかれてしまう。
 長寿企業やサステナビリティをキーワードとして研究している研究者として、2つのアドバイスをエールとして送りたい。

2. 「伝統を守ること」と「変わること」の両立を

 日本には、世界最古の企業とされる金剛組(578年創業)を筆頭に、数多くの長寿企業が存在している。
 創業200年以上を「長寿」と定義すると、世界の長寿企業の半数以上は日本の企業である。
 それらの企業の共通する特徴は、「守るべき伝統は守り、しかし、時代に即して変わるところは変わる」に尽きる。
 
 公認会計士試験については試験の日程変更が、税理士試験についても受験票の郵送延期が発表されていて(6月14日現在)、今後どうなるかわからない。
 将来的には、試験の実施方法が変わるかもしれない(世界の大学では、オンライン試験の導入が相次いでいる)。
 しかし、出題者が「試験で問いたいこと」の本質に変化はないはずである。
 その軸を見失わず、小手先のテクニックではない勉強を続けてほしい。
 「暗記する」のではなく、「理解する」ことが肝要と思われる。

3. 「試験合格」をゴールにしない

 新型コロナウィルス感染症の影響で、私たちの生活の仕方は大きく変わろうとしている。
 公認会計士や税理士についても、在宅勤務の増加や、ITへの依存度を高めた業務処理プロセスへと、仕事の仕方が変わっていくだろう。
 この流れを止めることはできないし、止めるべきではない。
 
 サステナビリティを維持している企業は、将来に対する視点を有している。
 ここ数年の研究成果として、企業の租税回避行動が長期のサステナビリティに結びついていないことが示唆されている。
 租税回避行動は、短期的には、税引後利益を高くするが、将来にわたっての中長期的な利益の持続性は維持できていないようである。
 すなわち、近視眼的な行動は実を結ばないのである。
 受験生の皆さんにとって、試験合格が大切であることは言うまでもないが、そこをゴールにするのではなく、中長期的なキャリアプランをイメージしながら、将来への投資になるような学習をしてほしい。

 事態の一刻も早い収束と、皆さんのご健闘を祈念しています。

<執筆者紹介>
大鹿 智基
(おおしか ともき)
早稲田大学商学部教授
1976年東京生まれ。1998年早稲田大学商学部卒業、2000年同大学院商学研究科修士課程修了、2001-2002年シカゴ大学経営大学院留学、2004年早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得。2000年早稲田大学メディアネットワークセンター助手、2004年早稲田大学商学部専任講師、2007年同准教授、2014年より現職。現在、日本会計研究学会評議員、日本管理会計学会常務理事・学会誌常任編集委員、日本経済会計学会理事・学会誌編集委員等を務める。
主な論文に、「CO2排出量の株価説明力と情報開示の影響」共著、『会計プログレス』第12号、2011年(日本会計研究学会賞受賞)、Visualization of Tax Avoidance and Tax Rate Convergence, Meditari Accountancy Research, Vol.27, No.5, pp.695-724,2019年10月(with C. Saka, and M. Jimichi),Does Tax Avoidance Diminish Firms’ Sustainability?,Journal Global Policy and Governance, Vol.8, No.2, pp.95-114,2019年12月(with C. Saka, and M. Jimichi)ほか多数。

<バックナンバー>

中国から見たコロナウィルスの進展 (望月 一央・MAZARS パートナー、公認会計士)

税理士・会計士受験生へ:不安に打ち勝って、昨日の自分より今日の自分が一歩でも成長できるように努力しよう!(並木秀明・千葉経済大学短期大学部教授)

会計学からの視点(佐藤信彦・熊本学園大学大学院教授)

新型コロナウイルスの影響で、経営者の打つべき手と緊急融資先(寺嶋 直史・株式会社レヴィング・パートナー代表取締役、 事業再生コンサルタント、中小企業診断士)

公認会計士の資格に内包されていること(百合野正博・同志社大学名誉教授)

受験生へ:効率がアップする自宅学習のヒント(暮木孝司先生)

感染終息の将来を見据えて「認定経営改革等支援機関」としての役割を果たそう!(河﨑照行・甲南大学名誉教授)

有事の今だからこそ心がけたいこと(木山泰嗣・青山学院大学教授、弁護士)

「耐雪梅花麗(冷たい雪に耐えて梅の花は麗しく咲く)」 茂垣 志乙里(税理士)

会計の専門家としての矜恃を持とう!(高橋 賢・横浜国立大学大学院教授)

⑪人の何倍も努力する(弥永真生・筑波大学教授)

現役の公認会計士と公認会計士を目指す諸君へ! (千代田邦夫、公認会計士・監査審査会元会長、立命館アジア太平洋大学客員教授) 

楽しむ「テレワーク」(山本守之・税理士)

自分が理想とする会計人の姿と、税理士試験受験の事前準備(渡邉圭・千葉商科大学基盤教育機構専任講師)

MBA教員が推薦するオススメ書籍3冊―企業内の経理・会計専門家へ向けてのGWの自宅学習の道標!(新井康平・大阪府立大学経済学研究科准教授)

今日の状況は社会の在り方を問う機会ともなっている(安酸建二・近畿大学教授)

新型コロナウイルスとオンライン化(太田康広・慶應義塾大学ビジネススクール教授)

非常時にこそ真価の問われるプロフェッショナル(鈴木一水・神戸大学大学院教授)

言葉を友人に持とう。書を持って、自宅にいよう。(杉本徳栄・関西学院大学大学院教授)

正しくリスク評価ができる会計士になろう!(坂上学・法政大学教授)

6月の日商簿記検定中止をチャンスに変えるためのアドバイス(並木秀明・千葉経済大学短期大学部教授)

変化する者が会計を制す(川野克典・日本大学教授)

㉓ 公認会計士短答式試験3ヵ月延期を前向きにとらえよう!(井ノ川博行先生・公認会計士)

危機の今こそ,経営をより良くする管理会計システムとは何かを問う絶好の時期(飛田努・福岡大学准教授)

最後は自分の頭で考える(浅野敬志・東京都立大学教授)

【受験生の皆様へ】才能ではなく、続けることが成功への最大の鍵です! 平井孝道(株式会社M-Cass 代表取締役 最高経営責任者CEO)

今勉強に行き詰まっている貴方は、ぜひ決算発表に注目しよう!―“決算探究”のススメ(上野雄史・静岡県立大学准教授)

ビジネスドクターと緊急資金繰り支援(増山英和・税理士)

今こそ新しい時代の会計の「教養」を考える(田口聡志・同志社大学大学院教授)

2020年8月23日の短答式、11月の論文式を受験される会計士試験受験生の皆さんへ(本所靖博・明治大学准教授)

“役に立たない”今,できることを考える(中村亮介・筑波大学准教授)


関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  2. 2
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
  3. 3
    本記事は、2020年7月臨時増刊号『税理士試験 でる順予想号』の「今年の出題予想を分析する 簿記論…
  4. 4
    令和2年度(第70回)税理士試験は、8/18(火)~8/20(木)に実施予定です。 例年より2週間…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉛中村亮介( 筑波大学ビジネスサイエンス系准教授 ) …
ページ上部へ戻る