つぶ問7-1(簿記論)―外貨、デリバティブ、ヘッジ、税金、税効果


「つぶ問」は、『会計人コース』2018年9月号~2019年8月号の連載「税理士試験 独学合格プロジェクト」簿記論・財務諸表論に連動してTwitterで週1回配信した問題です。「粒ぞろいな問題」を「つぶやく」ことから、「つぶ問」とネーミングしました。
合格には、勉強をしない日を作らないことと、スキマ時間を活用することが大切です。「つぶ問」は簿・財それぞれ平日1問ずつ更新していきますので、ペースメーカーとしてご活用ください<1‐1~11‐4(最終)>。

【問題】

 X1年度~X3年度の決算における税金および税効果に関連する項目は次のとおりであった。そこで、X2年度とX3年度における①繰延税金資産、②繰延税金負債、③法人税等調整額の金額を答えなさい。なお、繰延税金資産と繰延税金負債は相殺前の金額とし、繰延税金資産の回収可能性は問題ないものとする。

電車の中などで、本問を見ている時に電卓がない方は、税効果会計の対象となるもの、法人税等調整額の計算方法などを頭の中で考えてみてください。


固定ページ:

1

2

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    井上 修(福岡大学講師・公認会計士) 令和2年の公認会計士論文式試験ももう間もなく始まります…
  2. 2
    井上 修(福岡大学講師・公認会計士) 「財務会計論で1点でも多くとる解答戦略」では、白紙答案…
  3. 3
    編集部 本日,『大学院ルートで税理士になる!』(会計人コース編集部編)が刊行されました。 …
  4. 4
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
  5. 5
    西崎恵理さん(30代、税理士法人勤務) ●合格科目 簿記論(平成25年) 財務諸表論…
ページ上部へ戻る