【イメージでつかむ会計基準】第23回:単一性の原則


通信簿を作成するときに、本人に渡すための通信簿と教員が保管する通信簿が仮にあったとします。

2つの通信簿はどちらも同じ成績評価の資料に基づいて作成しなければいけません。

企業会計原則・一般原則の七は「単一性の原則」です。
これは、「株主総会提出のため、信用目的のため、租税目的のため等種々の目的のために異なる形式の財務諸表を作成する必要がある場合、それらの内容は、信頼しうる会計記録に基づいて作成されたものであって、政策の配慮のために事実の真実な表示をゆがめてはならない。」というものです。

株主、金融機関、税務署等に対して提出する財務諸表の様式や形式が異なることはあるものの、いずれの報告書も1つのデータをもとに作成されています。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る