【『財務会計講義』のすゝめ】第2回:どう読んだらいいのか?


第1回 なぜ、受験生の強力な武器になるのか?
第2回 どう読んだらいいのか?
第3回 実践!最新22版を読んでみた

令和2年公認会計士試験に合格した大学4年生のふくろうが、『財務会計講義』のよい点や実際の使い方をご紹介する、「『財務会計講義』のすゝめ」。

第2回は、『財務会計講義』の読み方をふくろうなりにご紹介します!

「『財務会計講義』がよいのはわかったけれど、どう使いこなせばいいのかわからない…。」そんな方のお役に立てれば嬉しいです。

それでは、さっそく!

ステップ① 一気に読んで全体像をつかもう

まずは可能なかぎり速く、一気に読み上げて全体像をつかみましょう。

第1回でお伝えした「通読できるボリューム感なのに、財務会計の重要論点を網羅」というメリットを享受するためには、まず全体を俯瞰することが必要です。

どこになにがどのような階層構造でどれくらい書かれているのかを把握することで、各論点の重要性、各論点の幹から枝葉への論理の展開構造、各論点のつながりを捉えてください。

できるだけ「速く」「一気に」をおすすめするのは、ゆっくり読んでいると前に読んだ部分を忘れてしまい、どうしても全体感を把握しづらくなると思うからです。

このステップ①では、だいたいで構わないので、目次を見たときに、どこに、なにが、どのような階層構造で、どれくらい書いてあるかをイメージできるようになればOKです。内容の詳細な理解は必要ありません。

そうですね、1ページあたり最大でも4分といったところでしょうか。私のペースだと1ページを1~2分で読み、約30ページごとに休憩をはさみ、合計16時間程度で読んでいました。2日で読み終わるイメージです。

個人的には、がんばって1週間以内にはすべての文章に目を通してほしいなと思います。

ここで、『財務会計講義』の構成(目次)を見てみましょう。

第1章 財務会計の機能と制度
第2章 利益計算の仕組み
第3章 会計理論と会計基準
第4章 利益測定と資産評価の基礎概念
第5章 現金預金と有価証券
第6章 売上高と売上債権
第7章 棚卸資産と売上原価
第8章 有形固定資産と減価償却
第9章 無形固定資産と繰延資産
第10章 負債
第11章 株主資本と純資産
第12章 財務諸表の作成と公開
第13章 連結財務諸表
第14章 外貨建取引等の換算

このうち第1章~第4章は総論、第5章以降が各論となっています。

すべて重要なことしか書かれていないのですが、あえて重要だと思うところを挙げれば、それは間違いなく「第4章 利益測定と資産評価の基礎概念」です。

第4章では、財務会計の基本的な考え方が整理されています。発生主義会計、資産評価における混合的測定の考え方などについて、第4章と第5章以降のつながりを意識して読むことができれば、知識の応用が利くようになります。

基本的な考え方に立ち返ることで、試験で記述答案を作成する際、大きく的を外すようなことはなくなるでしょう。なにより、むやみやたらな暗記作業を削減でき、学習を効率的に進められるはずです。

また、計算が苦手な人には「第2章 利益計算の仕組み」と「第13章 連結財務諸表」がおすすめです。簿記、連結会計の基本的な構造と考え方が説明されているので、全体感を学びなおして計算の演習をすれば、苦手が克服できると思います。

私も連結がはじめは苦手でしたが、連結精算表の仕組み(連結財務諸表の作成手続きの一巡)の全体構造や考え方を押さえるうちに、苦手意識を解消することができました。


固定ページ:

1

2 3

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る