【会計人ペディア】公認会計士試験の試験制度と勉強時間は?


こんにちは、編集部です。
「会計人コースWeb」では、簿記検定や税理士試験、公認会計士試験など、“会計系資格”の受験に役立つ情報を提供しています。
この「会計人ペディア」は、読者の皆さんの「そもそも○○って何だろう?」という“ちょっとしたギモン”に応えるコーナーです。
これまでの取材や蓄積されてきた情報をもとに、編集部が率直にお答えします!
もし、「こんなことが知りたい」というテーマがありましたら、編集部までご意見をお寄せください♪

公認会計士になるためには?

公認会計士になるには、まずは、公認会計士試験に合格しなければなりません。受験資格は特になく、中学生や高校生でも受験できます。

合格後、実務補習や実務経験、修了考査をクリアすることで、晴れて公認会計士として登録ができます。

公認会計士試験とは?

公認会計士試験には、短答式試験と論文式試験があります。

短答式試験はマークシート試験で、例年2回5月と12月に行われます。また、論文式試験は記述式で、例年8月に1回です。

短答式試験は、年2回どちらも受験でき、合格すると2年間免除となります。論文式試験には、科目合格制度があります。全体の合計得点は不合格だとしても、ある科目で一定の基準点以上を取れば、2年間の科目免除となります。

【試験科目】

短答式試験:財務会計論・管理会計論・監査論・企業法

論文式試験:会計学・監査論・租税法・企業法・選択科目(経営学、経済学、民法、統計学のうち、受験者があらかじめ選択する1科目)

合格するまでに必要な勉強時間は?

合格するためには、約3,000~5,000時間の勉強が必要といわれています。

多くの受験生が通うTACでは以下のように書いています。

「公認会計士試験の勉強時間は、3,500時間が一つの目安です。最短合格を狙う場合でも、最低2,500時間の勉強時間が必要となります。 受験期間の設定は1.5~2年が一般的で、2年間で考えると1日あたりの勉強時間は平均5時間です。一発合格者の1日あたりの勉強時間のめやすは 入門・基礎期で6.1時間、上級期で8.7時間となっています。」

つまり、それなりの覚悟をもって受験に挑む必要があります。また、勉強は1日で終わるわけではありません。モチベーションを高く保ち続ける必要があります。

『先輩に聞いてみよう!公認会計士の仕事図鑑』の髙橋知寿先生は、以下のことを実践してモチベーションを保ったそうです。

1 自分のやりたいことを事前に予定し、それに向けて頑張る

2 一緒に公認会計士を目指している仲間と話す

3 自分が公認会計士になった時のことを考える

まだ学生だったり、異業種だったりして、公認会計士の仕事のイメージがわかないという場合は、日本公認会計士協会のサイト「公認会計士の魅力」を見てみたりするのもいいかもしれません。


\この記事を読んだ人にオススメ/

会計人ペディア「会計士ってどんな職業?」

会計人ペディア「公認会計士試験に受験資格はある?」


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る