【1日1問!〇×会計クイズ】固定資産⑫


加藤大吾
(公認会計士・税理士)


公認会計士試験(短答式)の財務会計論の計算&理論のレベルを想定した○×問題を、2021年5月の本試験まで毎日(月~金)出題! 

もちろん税理士試験の簿記論・財務諸表論、日商簿記1級の対策にも使えます。


【○×問題】

保有する固定資産(帳簿価額850円)に減損の兆候があり、割引前将来キャッシュ・フローの総額は900円と見積もられ、使用価値が800円、正味売却価額750円のとき、減損損失として50円を計上しなければならない。

【正解】 ×

割引前将来キャッシュ・フローの総額900円が帳簿価額850円を上回るので、減損損失は認識しない。

【根拠となる会計基準】
企業会計審議会「固定資産の減損に係る会計基準」

二 減損損失の認識と測定
2.減損損失の認識
(1) 減損の兆候がある資産又は資産グループについての減損損失を認識するかどうかの判定は、資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額と帳簿価額を比較することによって行い、資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、減損損失を認識する

減損損失の測定は、将来キャッシュ・フローの見積りに大きく依存するため、日本基準では、減損の存在が相当程度に確実な場合に限って減損損失を認識する(蓋然性基準)という考え方を採用しています。

〈執筆者紹介〉
加藤 大吾(かとう・だいご)
早稲田大学大学院会計研究科非常勤講師・公認会計士
2003年早稲田大学政治経済学部経済学科卒。2005年公認会計士登録。東京CPA会計学院にて公認会計士講座(簿記)・日商簿記検定講座の講師業務の傍ら、監査法人にて監査業務にも従事。2015年より早稲田大学大学院会計研究科非常勤講師。著書に『税理士試験 簿記論・財務諸表論 総合問題なるほど解法ナビ』(中央経済社)がある。

★ 現金預金・金融商品の問題一覧(2020年11月分)はコチラから


関連記事

ページ上部へ戻る