脳科学とメンタル医学に学ぶ「合格脳」のつくり方


吉田たかよし
(本郷赤門前クリニック院長)

私は日本ではじめて受験生専門の心療内科クリニックを開設しました。脳科学とメンタル医学の両面から受験生を支え、合格を勝ち取るための勉強法の指導にも従事しています。

合格を勝ち取るために重要なのは、勉強を頑張り続けるための基本スタイルを定めることです。なかでも特に大切なのが「勉強の環境」「勉強のスケジュール」「メンタル管理」の三本柱です。合格のために知っていただきたい勉強ノウハウを、脳科学とメンタル医学の観点からご紹介します。

勉強の環境〜まずは身の回りの整理から〜

勉強するにあたって真っ先に取り掛かってほしいのが、机や本棚といった身の回りの整理です。勉強中の環境が脳機能に与える影響は極めて大きく、成績アップの重要な鍵を握ることが明らかになってきました。いま環境を整備すれば、勉強がはかどりますので、ただちに見直しましょう。

散らかっているのは論外ですが、たとえ見た目がきれいでも、部屋に色々なものが置いてあるだけで意欲や集中力が低下してしまうことも解明されています。コーネル大学(米国)のグループが実験を行ったところ、視野に色々なものが入ると、それだけで誘惑に負けやすく集中力も高まらない脳になる、というデータが得られたのです。

人間の脳内では、「遊びたい」「怠けたい」といった欲望を生み出す大脳辺縁系という部分と、「真面目に勉強しよう」といった意志を生み出す前頭前野が常に戦っています。ところが、余計なものが視野に入ると、その情報処理に前頭前野の機能が使われるので、そのぶん大脳辺縁系の欲望が勝ってしまうのです。

スマホやテレビなど、誘惑の原因になるものは勉強部屋から排除するのが一番です。それが無理なら、布で覆って目に触れないようにすると、それだけで勉強の持続力はアップします。

ちなみに、参考書なども視野に入れないほうがいい場合もあります。色んな科目の参考書が視野に入ると、やはりその認識に前頭前野の機能の一部が割かれるため、勉強に集中する意志が弱くなって、記憶力や思考力の低下も招きます。

実際、クリニックで受験生に問診をすると、「他の科目が気になって目の前の勉強に集中できない…」という悩みをよく耳にします。余計なことを考えないためにも、勉強中は異なる科目の参考書を視野に入れないように、本棚にきちんと整理しておくべきです。

また、本棚に参考書や問題集を整理するときは、科目ごとに並べたほうが有利です。ラドバウド大学(オランダ)が実験を行ったところ、位置情報と結び付けられた記憶は脳内に定着しやすいというデータが得られました。つまり、参考書を読んで暗記するとき、それが本棚のどこにある参考書なのか、位置情報も意識しながら記憶すると脳内に定着しやすいのです。

勉強のスケジュール〜いつ何を勉強する?〜

最近、医者の間で注目を集めているのが「時間医学」という研究分野です。これは、1日24時間の中で時間帯によって身体や脳機能が変化することに着目し、病気の治療に活かそうというものです。成績を上げるには、時間帯ごと変化する脳機能の特徴に合わせた勉強を行うべきです。

朝は計算

朝はコルチゾールとよばれるホルモンが増加し、記憶力が低下するため、単純な暗記中心の勉強はやるべきではありません。

一方、計算は速く正確に行えますので、朝一番に計算問題をやるのがベストです。さらに、ストップウォッチで時間を計りながら脳にプレッシャーをかけて計算を行うと、脳の情報処理のスピードが上がり、計算問題が速く解けるのはもちろん、他の勉強も高速で行えるようになることもわかってきました。朝のスタートダッシュは、そのために時間を使いましょう。

午前9時〜正午は苦手分野

苦手な分野の勉強に取り組むのが理想的です。この時間帯は、前頭前野とよばれる論理的思考力の中枢が1日の中で最も活発に機能します。ですから、苦手な問題の勉強にあてるべきなのです。新しい分野の学習も論理的思考力が必要なので、やはりこの時間帯に重点的に取り組みましょう。

昼食後は得意分野

脳機能が全般的に低下するため、残念ながら勉強の効率が上がる科目はありません。できるかぎり脳機能に負担をかけない、自分にとって易しい勉強だけを行いましょう。最も理想的なのは、得意科目に関する復習です。これなら脳はラクなので、なんとかこなせます。

午後遅く〜夜は暗記中心

暗記中心の勉強がおすすめです。勉強して覚えたつもりでも、それは短期記憶に過ぎず、そのままでは最長でも2週間以内に忘れてしまいます。高校時代の期末試験は短期記憶でしのげても、資格試験の暗記は、長期記憶に変換できなければ意味がないのです。これを行っているのが眠っている時間です。特に寝る直前30分は、その日1日の総復習にあててください。寝付くまで30分以内に目にした情報は、睡眠中、優先的に長期記憶に変換されます。

さらに記憶を強化するには

記憶を強化させる方法の1つが、細切れのスキマ時間を利用して暗記することです。たとえば,1時間をかけてじっくり暗記するより、1分間というスキマ時間を60回かけて暗記するほうが、脳に保存される記憶量は多くなります。

そして、この効果は、通学や通勤の時間にさらにアップします。記憶を作り出す海馬には、場所ニューロンとよばれる自分のいる場所を認識する神経細胞があり、移動中はこれが刺激を受けるため、記憶が残りやすい状態になります。太古の昔には地図がなく、歩きながら記憶しないと家に帰れなかったため、移動中に記憶力がアップするように海馬が進化したのです。

メンタル管理〜「必ず受かる!」はキケン!?〜

粘り強く勉強を続けるために何かスローガンを作り、勉強部屋に貼っておくというのは、よい心がけです。ただし、タフなメンタリティを築き上げるスローガンがある一方で、心が脆弱になる危険なスローガンもあります。

最も危険で、絶対にやめていただきたいのが「必ず受かる!」というものです。なぜなら、こうしたポジティブに感じる言葉が逆にメンタル面を不安定にさせる恐ろしい副作用をもつことがわかってきたからです。

受験生が「必ず受かる!」と自らを激励すると、その場では脳は明るい未来を実感して前向きな気分になります。特に、まだ本試験がかなり先の場合、脳は本当に受かる気持ちになって、一時的にやる気が高まることも少なくありません。

しかし、試験が近づいて模試などを経験すると、自分が確率100%で合格できる人間ではないという現実に向き合わされる機会が増えます。それなのに、「必ず受かる!」と言い聞かせてきた脳は、プライドだけが高まっています。そんな状態で落ちる可能性にさらされると、不安と不満が脳の中で吹き出してしまいます。嘘に塗り固められた自信は、実はとてももろいものなのです。

特に怖いのは、試験を受けている真っ最中に自信が崩れることです。問題がスラスラ解けて当たり前だと思い込んで試験に臨んだ受験生は,解けない問題に遭遇すると、その瞬間に頭が真っ白になる場合もあります。試験の最中に恐怖を感じ思考力がフリーズしてしまう「Exam Phobia(試験恐怖症)」という病気です。

では、受験生は、どんな言葉をスローガンにすればよいのでしょうか。それは、真実に基づいた前向きな言葉です。メンタル医学では「コントロール」とよばれているのですが、自分の力で実現できることに意識を集中させると、粘り強く頑張り続けるメンタリティが養われることが明らかになっています。 たとえば、「毎朝、計算問題を解く」「毎晩、寝る前に復習する」というスローガンであれば、自分自身の意思で必ず実現できます。つまり、自分の力でコントロールできることなのです。

今後は、「必ず合格する」といったコントロールできないスローガンは排除し、コントロールできるスローガンをたくさん作って紙に書き出してください。それを机の前に張り出しておくと、タフなメンタリティが徐々に養われ、結果としてあなたを合格に導いてくれるでしょう。

〈執筆者紹介〉
吉田たかよし
医学博士・心療内科医師。本郷赤門前クリニック院長。
灘高校,東京大学工学部卒業。東京大学大学院修了。北里大学医学部などを経て,東京大学大学院医学博士課程を修了。東大在学中,生命科学の研究に従事しながら余暇の時間に独学で国家公務員I種経済職試験に上位合格し,受験のカリスマとして話題になる。現在,脳科学とメンタル医学を活用して受験生を合格させる心療内科「本郷赤門前クリニック」院長として税理士試験などの受験生を診療。また,学習カウンセリング協会の理事長として勉強方法の指導にも従事している。


関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    本Webをご覧いただいている税理士受験生の皆さんのなかには、会計事務所に勤めている方も多いと思いま…
  2. 2
    日本商工会議所から日商簿記検定2級・3級のネット試験について、お知らせがありました。 コロナ…
  3. 3
    吉田たかよし(本郷赤門前クリニック院長) 私は日本ではじめて受験生専門の心療内科クリニックを…
  4. 4
    編集部 本日,『大学院ルートで税理士になる!』(会計人コース編集部編)が刊行されました。 …
  5. 5
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
ページ上部へ戻る