【重要】勉強の本質である「回転」とは?何回転?やり方は?


公認会計士試験でも税理士試験でも、どのように勉強するかというときに必ずといっていいほど出てくる言葉が「回転」です。
「テキストを何回転させる」とか「問題を○回転すべき」といった感じです。

ところで、この「回転」っていったい何?
なぜ「回転」が大事なの?

そんな疑問を持たれたあなた。弁護士公認会計士jijiたんさんが答えを与えてくださっています。

ナットクして今後の勉強に活かしましょう。


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る