変化する者が会計を制す


4 変化のすすめ

 進化論を唱えたダーウィンは、強い種が生き残ったのではない。
 変化を繰り返した種の内、たまたま環境に適合した種が生き残ったと主張した。
 
 真の「強さ」とは変化できる者、制度、仕組みなのだ
 管理会計の歴史を振り返っても、企業環境が変化すると、実務の中で試行錯誤を繰り返し、その中から画期的な管理会計実務が誕生している。

 会計を学ぶ皆さん、会計実務に携わる皆さんも同じである。
 この新型コロナウイルス感染症による学修の停滞を嘆くのではなく、この状況の中で変化しなければならない。
 失敗もあるかもしれない。
 しかし、「失敗は成功のもと」と言われるようにその変化の中から、次世代の会計のプロフェッショナル、会計実務が生まれるのである
 会計知識だけの時代は終わった。
 変化する力こそが「強さ」だ
 さぁ、変化だ、変化だ、変化だ!

<著者紹介>
川野 克典
(かわの かつのり)
日本大学商学部教授 会計学研究所所長
青山学院大学経営学部卒業。アルプス電気株式会社、朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)、ベリングポイント株式会社(現PwCコンサルティング合同会社)を経て現職。主な著書に『業績評価マネジメント』(全著、生産性出版)、『固定収益マネジメント』(編著、中央経済社)、『管理会計の理論と実務』(中央経済社)、『強い会社をつくる「バランス会計」入門』(編著、中央経済社)、『ものづくりの生産性革命-新たなマネジメント手法の考え方・使い方』(編著)などがある。

川野先生執筆のテキスト
あらたなマネジメントの考え方を提示!

<バックナンバー>

中国から見たコロナウィルスの進展 (望月 一央・MAZARS パートナー、公認会計士)

税理士・会計士受験生へ:不安に打ち勝って、昨日の自分より今日の自分が一歩でも成長できるように努力しよう!(並木秀明・千葉経済大学短期大学部教授)

会計学からの視点(佐藤信彦・熊本学園大学大学院教授)

新型コロナウイルスの影響で、経営者の打つべき手と緊急融資先(寺嶋 直史・株式会社レヴィング・パートナー代表取締役、 事業再生コンサルタント、中小企業診断士)

公認会計士の資格に内包されていること(百合野正博・同志社大学名誉教授)

受験生へ:効率がアップする自宅学習のヒント(暮木孝司先生)

感染終息の将来を見据えて「認定経営改革等支援機関」としての役割を果たそう!(河﨑照行・甲南大学名誉教授)

有事の今だからこそ心がけたいこと(木山泰嗣・青山学院大学教授、弁護士)

「耐雪梅花麗(冷たい雪に耐えて梅の花は麗しく咲く)」 茂垣 志乙里(税理士)

会計の専門家としての矜恃を持とう!(高橋 賢・横浜国立大学大学院教授)

⑪人の何倍も努力する(弥永真生・筑波大学教授)

現役の公認会計士と公認会計士を目指す諸君へ! (千代田邦夫、公認会計士・監査審査会元会長、立命館アジア太平洋大学客員教授) 

楽しむ「テレワーク」(山本守之・税理士)

自分が理想とする会計人の姿と、税理士試験受験の事前準備(渡邉圭・千葉商科大学基盤教育機構専任講師)

MBA教員が推薦するオススメ書籍3冊―企業内の経理・会計専門家へ向けてのGWの自宅学習の道標!(新井康平・大阪府立大学経済学研究科准教授)

今日の状況は社会の在り方を問う機会ともなっている(安酸建二・近畿大学教授)

新型コロナウイルスとオンライン化(太田康広・慶應義塾大学ビジネススクール教授)

非常時にこそ真価の問われるプロフェッショナル(鈴木一水・神戸大学大学院教授)

言葉を友人に持とう。書を持って、自宅にいよう。(杉本徳栄・関西学院大学大学院教授)

正しくリスク評価ができる会計士になろう!(坂上学・法政大学教授)

6月の日商簿記検定中止をチャンスに変えるためのアドバイス(並木秀明・千葉経済大学短期大学部教授)


固定ページ:
1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    CONTENTS最寄り駅海浜幕張駅からの道順オススメ昼食スポット会場周辺のトイレ体温は何度上がる?…
  2. 2
    本記事は,会計人コース2019年8月号「ラスト1ヵ月の準備がカギ! 試験開始までの過ごし方」を編集…
  3. 3
    CONTENTSラッキーな出来事アンラッキーな出来事やっておくといいこと持っていくといいもの下見は…
  4. 4
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
ページ上部へ戻る