つぶ問9-4(簿記論)―本支店、CF計算書、会計上の変更


「つぶ問」は、『会計人コース』2018年9月号~2019年8月号の連載「税理士試験 独学合格プロジェクト」簿記論・財務諸表論に連動してTwitterで週1回配信した問題です。「粒ぞろいな問題」を「つぶやく」ことから、「つぶ問」とネーミングしました。
合格には、勉強をしない日を作らないことと、スキマ時間を活用することが大切です。「つぶ問」は簿・財それぞれ平日1問ずつ更新していきますので、ペースメーカーとしてご活用ください<1‐1~11‐4(最終)>。

【問題】

 次の間接法によるキャッシュ・フロー計算書および資料をもとに、直接法によるキャッシュ・フロー計算書を作成しなさい。

〔資料〕

  1. 当期の売上高は100,000千円である。また、当期の売上にかかる売掛金の貸倒れが1,000千円発生しており、貸倒損失(販売費及び一般管理費)として処理している。
  2. 当期の売上原価は60,000千円である。また、売上原価には商品評価損500千円が含まれている。
  3. 当期の販売費及び一般管理費は20,000千円である。なお、キャッシュ・フロー計算書の減価償却費はすべて販売費及び一般管理費として計上されている。

【解答欄】


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    M(大学3年生・経済学部) [word_balloon id="unset" src="ht…
  2. 2
    こんにちは! 会計人コースWeb編集部です。 1月4日、会計人コースWebのTwitterを…
  3. 3
    会計士を目指す皆さん、こんにちは!  「会計人コースWeb」編集部です。 新しい年とな…
  4. 4
    税理士試験に合格された方、本当におめでとうございます! これまでの努力が実を結びましたね。 …
  5. 5
    令和3年度税制改正大綱が、12月10日に取りまとめられました。税制改正の内容は新聞やテレビ等でも報…
ページ上部へ戻る