【イメージでつかむ会計基準】第2回:財務会計の意義


株主(主人)と経営者(代理人)の関係で考えてみましょう。
経営者(代理人)は株主(主人)から、現在持っているお金を増やすよう企業経営を行い、営業活動に必要な資金を受け取りその管理と使い方を任されました。

経営者は株主の資金を使い営業活動を行いますが、株主から「資金を私物化しているのでは?」と思われないよう、営業活動の結果を報告する必要があります。

報告するときは書類(財務諸表)に株主(主人)から受け取った元手と儲け、儲かるまでの過程や現在の状況を記載して報告します。

このように財務会計は、営業活動の内容を、株主や財務諸表を利用したい人(利害関係者)へ情報を提供するときに役立ちます。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る