【イメージでつかむ会計基準】第1回:企業会計の役割


企業会計とは、企業の外部・内部の利害関係者が適切な判断と投資意思決定ができるように 企業が営む経済活動を認識・測定・記録・伝達する行為です。順に見ていきましょう。

現在、多くの企業は利益を求めて日々の経済活動を行っています。会計は、企業を取り巻く関係者が、企業の経済活動に関する情報を整理したいときに利用されます。

まず、経済活動のうち会計の領域で「認識」できる活動を整理することで、会計情報を利用することができます。たとえば建物を買う等の活動は、会計の領域で認識できますが、購入の約束(契約)をしただけでは認識しません。

次に「測定」です。測定とは、会計の領域で対象となった経済活動を金額で割り当てることです。

さらに、認識・測定された経済活動を会計帳簿に「記録」します。

最後に、記録された結果を財務諸表に表示して利害関係者へ報告します。これが「伝達」です。

この4つのプロセスが企業会計の役割です。

それでは、確認テストにチャレンジしてみましょう!


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る