【イメージでつかむ会計基準】第14回:資本取引・損益取引区分の原則(2)


株主から受け取ったお金(元手)と儲けを一緒にしてしまうと、どんな不都合が起こるでしょうか?
元手と儲けを一緒にしてしまうと、営業をしていくら儲かったのかがわからなくなります。

元手がわからなくなると、儲けの金額を具体的に示すことができませんので、元手(の金額)を(わかったままの状態に)維持して、いくら儲かったのかを明確にすることが報告をするうえで重要な要素となります。

もう少し詳しく説明していきましょう。つまり、資本は維持拘束が必要ということです。 資本取引と損益取引を区別することで、株主から拠出された資本(払込資本)を維持しながら運用します。それによって、どれだけの成果(利益)をあげたかという、適正な期間利益を計算することができます。

また、資本と利益を混同してしまうと、成果を示す利益が明瞭に表示されません。その結果、企業の財政状態や経営成績を適正に示すことができなくなります。

さらに資本と利益を混同すると、維持すべき資本が税金の支払い等で外部に流出してしまい、企業の継続性が保てなくなる可能性もあります。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る