日本商工会議所が各専門学校による簿記3級「新試験」の予想問題を公表!


ペーパーとネットが併用される日商簿記検定の新試験について、CPA・資格の大原・TACの3校が3級の予想問題を作成されています。

いずれも日本商工会議所のホームページから確認することができます。

新試験の最大の特徴は、従来の試験より「試験時間が短くなる」ということ!

2級・3級ともに120分であったのが、新試験では2級が90分に、3級が60分になります。

今回、上記の3校による予想問題は、その試験時間の変更や出題傾向を考慮して作成されたようです。

12月から始まるネット試験の受験を考えている方、来年度にペーパーの試験(ネット試験に対して統一試験といいます)の受験を考えている方は、ぜひ学習の参考にしてみてはいかがでしょうか?

▼予想問題はコチラから確認できます。

「教育機関が公表した日商簿記検定試験(3級)新試験の予想問題について」


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る