【論述に強くなる!財表理論講座】第11回:ソフトウェア会計



全31回のプログラムで、税理士試験・財務諸表論に強くなる! 
論点ごとに本試験に類似したミニ問題を用意しました。まずは問題1にチャレンジし、文章全体を何度か読み直したところで問題2を解いてみましょう。そして、最後に論述問題を解いてください。


長島正浩
(茨城キリスト教大学経営学部准教授)

まずは問題にチャレンジ!

ソフトウェア制作費のうち,研究開発に該当する部分は( ① )として費用処理する。
受注制作のソフトウェアの制作費は,( ② )の会計処理に準じて処理する。
( ③ )のソフトウェアである製品マスターの制作費は,( ① )に該当する部分を除き,( ④ )として計上しなければならない。ただし,製品マスターの( ⑤ )に要した費用は,( ④ )として計上してはならない。

問題1
文中の空欄( ① )から( ⑤ )にあてはまる適切な用語を示しなさい。

問題2 製品マスターの制作費で,( ① )に該当する部分とは,具体的にどのような費用か,答えなさい。

解 答

問題1

① 研究開発費
② 請負工事
③ 市場販売目的
④ 資産
⑤ 機能維持

問題2

最初に製品化された製品マスターの完成までの費用及び製品マスター又は購入したソフトウェアに対する著しい改良に要した費用が研究開発費に該当する。

基本的な考え方

ソフトウェアとは、コンピュータを機能させるように指令を組み合わせて表現したプログラム等をいう。

・市場販売目的のソフトウェア及び自社利用のソフトウェアを資産として計上する場合には、無形固定資産の区分に計上しなければならない。

制作途中のソフトウェアの制作費は、無形固定資産の仮勘定として計上する。


固定ページ:

1

2

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    本Webをご覧いただいている税理士受験生の皆さんのなかには、会計事務所に勤めている方も多いと思いま…
  2. 2
    日本商工会議所から日商簿記検定2級・3級のネット試験について、お知らせがありました。 コロナ…
  3. 3
    吉田たかよし(本郷赤門前クリニック院長) 私は日本ではじめて受験生専門の心療内科クリニックを…
  4. 4
    編集部 本日,『大学院ルートで税理士になる!』(会計人コース編集部編)が刊行されました。 …
  5. 5
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
ページ上部へ戻る