公認会計士試験(論文式)に向けて2ヵ月でやるべきこと


 最後に、私自身の公認会計士論文式試験の受験経験を書かせていただきますと、合格した年は、実は、財務会計論については「テキストの例題」しかしていませんでした。
受験生の常識からすると、答練や模試を何度も回す、という勉強になるかと思いますが、過去の本試験を徹底的に分析し、財務会計論(要は基準というルールに基づく会計)という性質も勘案して、「結局は、基本の仕訳さえ押さえれば解けるな」ということに気づいたからでした。
なので、期首から期末までの一連の仕訳を基本テキストで習得することを心がけ、その分、空いた勉強時間を租税法における計算問題の学習に振り分けていました。
皆様が、私と同じ条件にあるかどうかは分かりませんが、ご参考にはなるかと思いますので、ぜひ、上記のポイントを上手く活かしていただき、今年度の論文突破を成し遂げてください。

合格後には、監査法人への就職活動や、実務補修所での勉強など、まだまだその先にやらなければならないことが待っていますが、普通の人では経験できないことが経験できるのが、この資格の魅力ですので、ぜひ、頑張ってください!
陰ながら応援しております!


【ブログのご紹介】

平井先生によるこちらのブログでは、簿記・会計資格取得のためのさまざまな情報を提供しています。
ぜひ、学習にお役立てください!


固定ページ:
1 2

3

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る