1日3分でボーダー突破♪ 税理士試験 計算×理論30題―【16日目】貸倒引当金(C/F見積法)


問 題
(目標時間:1分 難易度:難)

下記の資料により当期末に計上すべき貸倒引当金の繰入額を答えなさい。なお,当期は平成26年4月1日から平成27年3月31日とする。また,計算に際して円未満の端数は切り捨てること。

(資 料)

1 貸付金100,000円は平成24年4月1日にA社に貸し付けたもので期間5年で平成29年3月31日返済,年利5%とし毎年3月末に利息を受け取ることにしている。

2 当期末に利息を受け取った後にA社が経営破綻の可能性が高いので貸倒懸念債権として取り扱うこととし以降の利率を年2%に緩和することにした。

3 A社のこの貸付金にはキャッシュ・フロー見積法で貸倒引当金を計上すること。

4 便宜上,このA社の貸付金には前期末には貸倒引当金を設定していないものとする。

解答・解説は次ページへ


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る