“コロナショックに負けない!会計人への応援メッセージ➊”―中国から見たコロナウィルスの進展 (望月 一央・MAZARS パートナー、公認会計士)


<編集部より>会計人コースWebは、大学等で会計学を学ぶ方、会計•税務に関する資格試験受験生、企業の経理部や会計事務所で働いている方々に有益なコンテンツサイトを構想して東奔西走しています。
大きな意味で「会計人」を目指す方々全ての応援サイトを目指しています。
新型コロナウイルス感染拡大を受けて、このたび、有志の著者の方々に、会社の運営や決算、税務申告に不安を抱える経営者や経理パーソン、また彼らをサポートする税理士や会計士、さらには学生や資格試験受験生などに対して寄稿していただきました。
その内容は、現状分析、問題提起、実務への影響、課題解決の方法、試験勉強への向き合い方など、多岐にわたります。
今後、何回かにわたってお届けしますので、この難局を乗り切るための参考にしていただければと思います。


 新型コロナウィルスとの戦いが日に日に激しさを増し、私も含め多くの人々が、漠然とした不安の中での生活を強いられていると思います。
 ただ、同時に、今の状況を客観的に捉えようとしている自分があり、今回はその考えをつづってみたいと思います。

1 上海では完全に封じ込めに成功

 中国において新型コロナウィルスが意識され始めたのは本当にギリギリになってからです。
 年末頃より報道もなされ認識はあったのですが、少なくとも私の知る限り、誰一人意識することなく普段通りの生活を送っていました。
 それが突然、1月21日朝仕事に向かうと半分以上の人々がマスクを着けていました。
 てっきり最近気にすることも少なくなったPM2.5ではと思い職場の同僚に尋ねると、前日にWHOの緊急会議開催が決まったとの報道があり、皆気にしているとのことでした。

 3,000万の人々が暮らす上海において、その時点でどれくらい感染の恐れがあったのかについては、数か月後のピーク時でも感染者数300人程度であったことから考え合わせれば、ほぼないに等しかったものと思われます。
そのような状況であっても、半数以上の人々がマスクを着用しているという姿は滑稽とも感じられるほどでした。
 ただ、今振り返ってみれば、このような意識こそが今回の中国コロナ対策の大きな成功要因の1つであったものと思われます。
 その後状況は急速に進展し、2日後には武漢が封鎖され、つづいて自宅隔離モードが全国に及ぶことになりました。
 
 このような瞬時に極端な人の動きの制限をすれば、感染力が強いといわれるウィルスであっても封じ込めることができるものだと感じられます。
 17年前SARS収束過程に際し、半年や1年後必ずどこからか再び感染者が出てくるに違いないとの思いに反し、その後本当に感染者がでなかったことから、今では、鳥のなかに生息しているインフルエンザのようなものでない限り、ウィルスの封じ込めはできるのだと確信しています。


固定ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    CONTENTS最寄り駅海浜幕張駅からの道順オススメ昼食スポット会場周辺のトイレ体温は何度上がる?…
  2. 2
    本記事は,会計人コース2019年8月号「ラスト1ヵ月の準備がカギ! 試験開始までの過ごし方」を編集…
  3. 3
    CONTENTSラッキーな出来事アンラッキーな出来事やっておくといいこと持っていくといいもの下見は…
  4. 4
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
ページ上部へ戻る