令和2年度 税理士試験の日程が公表

合格祈願

編集部

今年度の税理士試験が施行されるかどうか不安だった方も多いはず。

本日4月3日付の官報で、これまでに公表されていた予定通りの日程で開催されることがわかりました(インターネット版官報はこちら。一定期間を過ぎると閲覧できなくなりますので注意)。

ゴールが見えて受験生にとっては計画を立てやすくなりましたね。

早速、試験日程についてまとめておきます。

・8月18日(火)
9:00~11:00 簿記論
12:30~14:30 財務諸表論
15:30~17:30 消費税法又は酒税法
・8月19日(水)
9:00~11:00 法人税法
12:00~14:00 相続税法
15:00~17:00 所得税法
・8月20日(木)
9:00~11:00 固定資産税
12:00~14:00 国税徴収法
15:00~17:00 住民税又は事業税

試験科目の順番や試験時間は昨年までと同様です。すでに公表されていたことですが、大きく変わったのは、試験の施行日です。

結果的に東京オリンピックは延期となりましたが、その影響で半月ほど遅い施行となっています。

この半月をプラスに考えられるかどうかが、とても重要だと思います。初受験の方は、受験経験者に追い付く期間と考え、2回目以降の受験生の方は、施行日はこれまでと一緒だと考えて準備し、8月下旬までの半月は、最後の仕上に使うと良いのではないでしょうか。

これからの4ヶ月半、本誌や会計人コースWebで合格へのお手伝いをしていきますので、一緒に頑張って行きましょう!


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る