税理士・会計士受験生必見! 桜井久勝先生著『財務会計講義』、 そのよりよい読み方・使い方を担当編集者が考えてみた!①


この3月、『財務会計講義』が改訂されました。
今年で第21版。
1994年12月に第1版発行なので、四半世紀以上読み継がれています。

この間、全国の多くの大学で講義・ゼミ等のテキストとして採用されてきました。
また、税理士・会計士試験受験生の間では、定番の基本書として定着していますし、特に公認会計士受験生の間でも、2019年12月の短答式試験を受けたところ、本書が非常に有益だったとSNS上でも話題になりましたね。

ところで、名著『財務会計講義』はどう読んでいけばよいでしょうか?
なんとなく読み進めている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは以下について考えてみましょう。

1.本書のよい点って?
2.では、どう読めばいい?
3.よくある質問
4.第20版→第21版への主な改訂点は?


ページ:

1

2 3 4

関連記事

【最新】会計人コース 2020年5月号発売中!

ランキング

  1. 1
    合格祈願
    編集部 今年度の税理士試験が施行されるかどうか不安だった方も多いはず。 本日4月3日付…
  2. 2
    受験生の皆さん、桜も咲き、暖かい日が増えてきましたね。今年は新型コロナウイルスの影響で、お花見も自…
  3. 3
    国税庁
    会計人コースWeb編集部 コロナウイルスが感染拡大している影響もあって、編集部宛てに「今年の…
  4. 4
    名前:岩上孝子さん(30代,税理士事務所勤務)合格科目:簿記論(平成24年),財務諸表論(平成25…
  5. 5
    この記事は『会計人コース』2020年4月号の付録「これだけは解いておきたい 簿・財 Aランク過去…
ページ上部へ戻る