担当編集者が教える!『財務会計講義』の読み方・使い方①


この3月、『財務会計講義』が改訂されました。
今年で第21版。
1994年12月に第1版発行なので、四半世紀以上読み継がれています。

この間、全国の多くの大学で講義・ゼミ等のテキストとして採用されてきました。
また、税理士・会計士試験受験生の間では、定番の基本書として定着していますし、特に公認会計士受験生の間でも、2019年12月の短答式試験を受けたところ、本書が非常に有益だったとSNS上でも話題になりましたね。

ところで、名著『財務会計講義』はどう読んでいけばよいでしょうか?
なんとなく読み進めている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは以下について考えてみましょう。

1 本書のよい点って? 
2 では、どう読めばいい?
3 よくある質問
4 第20版→第21版への主な改訂点は?


固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る