低額譲受により取得した固定資産に時価を付す理由


平成8年の税理士試験の財務諸表論で、贈与時の取得原価に関する出題がされているんですね。

今の試験委員の先生方も、過去に出題されたことがある論点は必ずチェックしていますので、イマ風にアレンジして出題されることは大いに考えられます。

低額譲受により取得した固定資産に時価を付す理由

オリジナルサイト:税理士試験 簿記論 講師日記

ちなみに、会計人コース4月号では、過去問に関する特集を取り上げる予定ですので、乞うご期待!


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る