【日商簿記2級うかる勉強法】井ノ川博行先生にきく 最近の傾向と学習法



2020年11月15日(日)に第156回日商簿記検定試験が実施されました。コロナ禍で第155回が中止となったこともあり、今回の試験は特別な思いで臨まれた方も多いかもしれませんね。そんな第156回、受験された皆さんの手ごたえはどうだったでしょうか?

今回は【日商簿記2級うかる勉強法】と題して、ここ最近の出題傾向とそれを踏まえた学習法を、簿記のプロの先生方にお話しいただきました☆ 

この記事では、井ノ川博行先生(ICOライセンススクール校長)にお話をお聞きしています。

12月からはネット試験も始まり、どんどん変化がみられる日商簿記検定。次の受験を考えている方は、これからどんな対策をすればよいか、ぜひ簿記学習の参考にしてみてください♪


Q 日商簿記2級の傾向を教えてください。

1級がかなり難しくなっている傾向に引きずられて、2級も難化しています。

「工業簿記」のほうは、従来とレベルがあまり変わっていないのですが、「商業簿記」のほうは、レベルがどんどん上がっていると感じます。

そして、過去の試験と同様に第156回試験でも出題されていたように、「連結会計」が頻出分野になってくるのではないでしょうか。

「税効果」が出題範囲ではないぶん、「成果連結」のような込み入った論点が中心になってくると思います。

特に、2級に合格するには、「成果連結および債権・債務連結」のやり込みが絶対条件になっていると感じています。

* 親子会社間での相互取引(内部取引という)に伴う損益や債権・債務の相殺消去手続きをいいます。

Q これからどう学習すればよいのでしょう?

日商簿記2級の出題範囲となっている論点は豊富です。合格するには、それらすべての論点に対応できるように学習を進めていく必要があります。

まず「商業簿記」では、「成果連結」について広く浅く学習し、どれだけ柔軟に対応できるか、ということが第一の課題になってくると思います。

そして、「成果連結」のような頻出論点をやり込むことはもちろん大事ですが、まだあまり出題されていない論点にも注意しておきましょう。

具体的なところでいうと、「固定資産」における「外部売却」とか、押さえておいたほうがいいかもしれませんね。

「工業簿記」については、近年ずっと「似たり寄ったり」な問題が出ているので、過度に心配する必要はないでしょう。

Q ネット試験は受けてみるべきですか?

2月に第157回試験がありますが、それを待つことなくネット試験を受験してもいいと思います。

というのも、2月の第157回試験は試験時間が120分ですが、ネット試験では90分です。

実際に受験してみないとわかりませんが、時間が短くなるぶんボリュームも少なくなることが期待できます。

しかも、会場によりますが、基本的には毎日受験できます。

ペーパー試験は実施日が決まっていますが、ネット試験は好きなタイミングで受けられるのがメリットです。つまり、「自分の実力が最高潮になったタイミング」で受験できるということ。

そういった意味でも、積極的にネット試験を活用していきましょう。

<お話を聞いた人>
井ノ川博行(いのかわ・ひろゆき)
ICOライセンススクール校長・公認会計士
昭和57年から大手有名専門学校で7年間簿記講師を務めた後、平成元年10月にICOライセンススクールを創設。公認会計士、日商簿記検定、税理士(簿・財)の受験指導校の講師として、受験生の最短合格を応援している。年2回の公認会計士の短答式本試験および日商簿記1級試験は、毎回受験し続け、時代にあわせた「合格のためのノウハウ」の研究に精進している。


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る