【日商簿記3級うかる勉強法】渡邉圭先生にきく 最近の傾向と学習法



2020年11月15日(日)に第156回日商簿記検定試験が実施されました。コロナ禍で第155回が中止となったこともあり、今回の試験は特別な思いで臨まれた方も多いかもしれませんね。そんな第156回、受験された皆さんの手ごたえはどうだったでしょうか?

今回は【日商簿記3級うかる勉強法】と題して、ここ最近の出題傾向とそれを踏まえた学習法を、簿記のプロの先生方にお話しいただきました☆ 

この記事では、渡邉圭先生(千葉商科大学専任講師)にお話をお聞きしています。

12月からはネット試験も始まり、どんどん変化がみられる日商簿記検定。次の受験を考えている方は、これからどんな対策をすればよいか、ぜひ簿記学習の参考にしてみてください♪


Q 日商簿記3級の傾向を教えてください。

A 「証憑書類や補助簿との関連」が問われる!

基礎論点は踏まえたうえで証憑書類や補助簿との関連を問う問題が出題される傾向にあります。

従来の仕訳や試算表の作成、財務諸表(精算表を含む)の作成という形式は維持しつつ、新論点を絡めた問題が出題されています。たとえば、証憑書類を読み取って仕訳をさせる問題、固定資産台帳から減価償却資産に関連する会計処理を問う問題などです。また、これまで定期的に出題されてきた精算表の推定問題は出題されなくなりました。

Q これからどう学習すればよいのでしょう?

A 簿記3級は「反復」が合格への近道!

第1問
→仕訳は反復でマスター

同じ問題集を使って反復練習しながら仕訳を攻略しましょう。また、証憑書類対策については、問題集や模試の証憑書類問題を集め、その部分だけ反復練習すると効果的です。

第2問
→「補助簿・勘定記入・剰余金の配当等」はつながりが大事

「主要簿と補助簿の関係性」を理解して、問題演習を行うと学習効果が高まります。

たとえば、「仕入先元帳」は、仕入先が複数あり、掛取引をしている場合に必要となります。これは、どの仕入先でも掛取引の場合は「買掛金」勘定で仕訳をするためです。

仕入先全体の掛代金は買掛金勘定で明らかになりますが、各仕入先の掛代金残高はわかりません。

そのため、各仕入先の「仕入先元帳」を作成して各仕入先の掛代金残高を明ら かにします。

これを理解していれば、買掛金勘定と仕入先元帳の関係性を読み取って金額の流れを把握することができます。

第3問
→試算表の作成ではケアレスミスに注意

「合計試算表」「残高試算表」「合計残高試算表」が出題されますが、「合計試算表」を解答しなければいけないのに、「残高試算表」の金額を解答してしまったなど、ケアレスミスをしない対策が必要です。

ケアレスミスを以下の4項目に分けて、「自分がどの場面でミスをするのか」分析しましょう。

① 問題文の読み取りミス
② メモ用紙の記入ミス
③ 電卓の計算ミス
④ 解答用紙の記入ミス

実際にケアレスミスした内容をルーズリーフなどに箇条書きしておき、模試の演習前に復習してから演習すると効果的です。

日々の取引、集計取引、二重仕訳、総勘定元帳から試算表を作成するといった出題が多いため、問題演習の回転数を多くして、マスターしましょう。

第4問
→「伝票・補助簿」は問題集や模試を活用しよう!

「伝票の作成」・「伝票に記載された仕訳内容」・「仕訳日計表」の3つの対策が必要です。こちらは問題集、模試を使い反復練習して学習しましょう。

第5問
→「財務諸表の作成・決算整理後残高試算表の作成・精算表の作成」は流れを意識

基本的な「決算整理仕訳」が出題されます。また、消費税、法人税などの新論点も出題されます。決算整理仕訳は限定的ですので、「精算表→決算整理後残高試算表→財務諸表」の形式で、段階的に問題演習を行うと学習効果が高まります。

Q ネット試験は受けてみるべきですか?

A ネット試験にはメリット・デメリットがある!

まず、第156回試験で60点台とか、ケアレスミスで不合格になってしまった受験生の方は、ネット試験を受けてみてもいいのではないでしょうか。

また、インプットがしっかりできておらず、テキストなどで振り返り学習をする必要のある方は、紙媒体で実施される第157回試験を目指して対策するほうがいいと思います。

ネット試験は、「いつでも受験できる」というメリットがあるので、学業やお仕事といった諸事情に合わせて学習スケジュールを立てられます。その一方で、「学習目標が設定しにくい」というデメリットもあります。

紙媒体の試験は、試験日が決まっているので、その日に向けて学習目標を設定することができます。

次回の受験を考えられている方は、「学習に充てられる時間」と「学習目標の設定」を考えて、ネット試験と紙媒体の試験どちらを受けるか考えてみてもいいでしょう。

A 紙ベースの問題集や模試で対策しよう!

ただし、現段階ではネット試験に関する情報が不十分のため、当面は紙媒体をベースにした問題集を使って学習しましょう。

第156回が残念な結果となって、ネット試験で再受験される方は、利用されていた模試を演習するといいです。間違えた部分と問われていない部分を問題集を使って学習することで、できない部分をピンポイントで復習でき、全体的な対策を行うことができます。

A 申込は早めに!

余談ですが、私はネット試験をクリスマスに受けてきます(学生からは「サンタからのプレゼントじゃん(笑)」と言われましたが…)。

コロナ禍で学生たちには不便をかけているので、少しでも学生たちへの支援の足しになればいいのですが。

ネット試験の会場は満席のところもあったので、受験希望の方は、早めに申込をされたほうがよいと思います。また、私は、受験料にプラスして事務手数料が550円かかりました。

今後、再びの緊急事態となる可能性もあるので、自宅で勉強が難しい場合、学習できるスペースを今のうちから探してもいいかもしれないですね。

<お話を聞いた人>
渡邉 圭(わたなべ・けい)
千葉商科大学基盤教育機構で専任講師を務める傍ら、会計教育研究所「瑞穂会」で税理士試験講座(簿記論・財務諸表論)と日商簿記検定1級~3級講座を開講し、ともに多数の合格者を輩出している。


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る