日商簿記2級・3級 ネット試験の「先行受付」の詳細が発表!


日本商工会議所から日商簿記検定2級・3級のネット試験について、お知らせがありました。

コロナ禍に伴ってスタートするネット試験ですが、今回、受験申込方法や施行開始日について発表されました。

以下、お知らせの内容をご紹介します。
先日の第156回試験を受験できなかった方、ネット試験を検討されている方は、参考にしてください。

「先行受付」を実施

第156回試験(2020年11月15日)に申し込めなかった方を対象に「先行受付」が実施されます。

先行受付

◆期間
2020年11月24日(火)11時~11月26日(木)17時

◆手順
① 株式会社CBT-Solutionsの日商簿記2級・3級申込専用ページにアクセスし「My Page」に登録する。
② 「My Page」登録アドレスに、試験予約開始日時や予約方法など詳細を案内するメールが届く。

※ 第156回試験を受験された方や、それ以外の方については、日本商工会議所ホームページにて「通常受付」として案内されるようなので注意してください。

ネット試験の開始日

ネット試験の施行開始日は以下のとおりです。

3級:2020年12月14日(月)
2級:2020年12月21日(月)

ここから、随時受験が可能となります。

試験会場

各商工会議所が認定した「テストセンター」が試験会場となります。

テストセンターは、全国47都道府県のすべてに設置されています。
具体的な場所は、以下の一覧でご確認ください。

テストセンター 設置都市一覧

テストセンターによっては休日を含めて毎日試験を実施する会場もあるようです

* 年末年始の2020年12月28日(月)~2021年1月4日(月)は、会場となる「テストセンター」は全国で休止となります。

受験する際には、受験を希望するテストセンターを選択して試験を予約することになります。

また、受験可能人数(予定)は、施行開始時点で全国約20,000名(月間)が見込まれています。

ネット試験の出題内容

まず、ネット試験においても、現行の出題区分表が適用されます

ただし、ネット試験の問題は、これまでのペーパーによる試験の問題をそのまま置き換えるものではなく、出題区分表に基づく学習内容を幅広く問う、新たな問題となっているとのことです。


第156回試験に向けて勉強してきたにもかかわらず、定員の減少により受験ができなかった皆さん。

それでも目標を持ちつづけ、学習に励まれている方々は多いと思います。

先行受付は、11月24日(火)11時から始まります!

新しい形の試験ではありますが、これまでの学習の成果を出すことができるいい機会です。

この機会に、ぜひネット試験を検討してみてはいかがでしょうか。

より多くの受験生の皆さんが合格されることを願っています。

日本商工会議所ホームページ
「日商簿記検定試験(2級・3級)ネット試験の受験申込みについて」


関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    本Webをご覧いただいている税理士受験生の皆さんのなかには、会計事務所に勤めている方も多いと思いま…
  2. 2
    日本商工会議所から日商簿記検定2級・3級のネット試験について、お知らせがありました。 コロナ…
  3. 3
    吉田たかよし(本郷赤門前クリニック院長) 私は日本ではじめて受験生専門の心療内科クリニックを…
  4. 4
    編集部 本日,『大学院ルートで税理士になる!』(会計人コース編集部編)が刊行されました。 …
  5. 5
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
ページ上部へ戻る