つぶ問7-2(簿記論)―外貨、デリバティブ、ヘッジ、税金、税効果


【解答】


【解説】

 有価証券の換算方法は評価と関連づけて決められています。そのため、時価評価をしながら取得時レートを使用することはありません。同様に考えれば、取得原価に決算日レートを組み合わせることもないはずですが、時価を把握することが著しく困難なその他有価証券について取得原価による評価を行う場合でも、より期末の実態を表すために換算は決算日レートを用いることになっています(表の一番下)。また、満期保有目的の債券は、償却原価(償却原価法を適用しない場合は取得原価)に決算日レートを組み合わせます。これは、元の有価証券の評価方法と結びつけて換算を行うのではなく、金銭債権の換算に準じた換算です。そのため、換算差額の取扱いも、さきほどの時価を把握することが著しく困難なその他有価証券の換算差額はその他有価証券の時価評価差額と同様に純資産直入ですが、満期保有目的の債券の換算差額は金銭債権と同様に為替差損益となります。

 この表に含まれていない論点としては、償却原価法によって認識する有価証券利息は期中平均レートを用いる、債券をその他有価証券として保有する場合の損益の取扱いなどがあります。

つぶ問は、2018年9月号~2019年8月号までの連載「独学合格プロジェクト 簿記論・財務諸表論」(中村英敏・中央大学准教授/小阪敬志・日本大学准教授)に連動した問題です。つぶ問の出題に関係するバックナンバーはこちらから購入することができます。


固定ページ:
1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る