連載|税理士・会計士 1日1問で簿・財 重要ポイント時短マスター50(第11回)ー繰延資産②


村上 翔一
(敬愛大学経済学部准教授)

☆本連載のねらいはコチラから

問題11 繰延資産②

新技術の採用、新経営組織の採用、資源の開発及び市場の開拓のための支出は繰延資産として処理( ① できる ・ できない )。既存の製品、部品に係る従来と異なる使用方法の具体化、新製品の試作品の設計・製作及び実験のための支出は繰延資産として処理( ② できる ・できない )。

解答・解説

① できる
② できない

→研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針、pars.2、26、27

繰延資産として処理可能な開発費は、問題文の他、生産能率の向上又は生産計画の変更等により、設備の大規模な配置替を行った場合等の費用をいう(「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」の取扱いに関する留意事項について、par.36)。

◎復習しましょう!(バックナンバー)
【問題1】概念FW①
【問題2】概念FW②
【問題3】概念FW③
【問題4】企業会計原則
【問題5】付随費用の計算
【問題6】有価証券①
【問題7】有価証券②
【問題8】有価証券③
【問題9】金融商品
【問題10】繰延資産①

【執筆者紹介】
村上 翔一
(むらかみ しょういち)
明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了(博士(経営学))。明治大学専門職大学院会計専門職研究科教育補助講師、敬愛大学専任講師を経て現在敬愛大学経済学部准教授。
<主な論文>
「保有者における電子マネーの会計処理」『簿記研究』(日本簿記学会)第2巻第1号、2019年(日本簿記学会奨励賞)
「ICOに関する会計処理」『敬愛大学研究論集』第98号、2020年
「ブロックチェーン技術の進展と簿記」『AI時代に複式簿記は終焉するか』(岩崎勇編著)、税務経理協会、2021年
「ブロックチェーンを活用した取引や簿記への影響―スマートコントラクトとトークンエコノミーを中心として―」『AI時代のコンピュータ会計と簿記―最終報告書―』(日本簿記学会簿記理論研究部会)、2021年

※本連載は「会計人コース」2020年2月号掲載「1問1分で時短復習 簿・財重要ポイント50」を加筆・修正したものです。


関連記事

ページ上部へ戻る