つぶ問9-3(簿記論)―本支店、CF計算書、会計上の変更


「つぶ問」は、『会計人コース』2018年9月号~2019年8月号の連載「税理士試験 独学合格プロジェクト」簿記論・財務諸表論に連動してTwitterで週1回配信した問題です。「粒ぞろいな問題」を「つぶやく」ことから、「つぶ問」とネーミングしました。
合格には、勉強をしない日を作らないことと、スキマ時間を活用することが大切です。「つぶ問」は簿・財それぞれ平日1問ずつ更新していきますので、ペースメーカーとしてご活用ください<1‐1~11‐4(最終)>。

【問題】

1.次の独立した各ケースにおいて、キャッシュ・フロー計算書(間接法)の「売上債権の増減額」として記載される金額を答えなさい。なお、マイナス調整の場合は金額の頭に△を付すこと。

① 売上債権が前期と比較して5,000千円増加し、貸倒引当金(売上債権に対するもの)が前期と比較して1,000千円増加した。

② 売上債権が前期と比較して5,000千円増加し、貸倒引当金(売上債権に対するもの)が前期と比較して1,000千円増加した(それぞれ貸倒処理反映後)。また、当期中に売掛金が500千円貸し倒れたが、うち200千円は貸倒引当金を充当し、残り300千円は貸倒損失として処理してある。

③ 売上債権が前期と比較して5,000千円減少した。この減少には、円安によって外貨建売掛金の換算差額(為替差益)1,000千円を含んでいる。

2.次の情報をもとに、キャッシュ・フロー計算書の「有形固定資産(備品)の取得による支出」及び「有形固定資産(備品)の売却による収入」として記載される金額を答えなさい。

 備品(直接法により記帳)が前期と比較して5,000千円減少した。当期の減価償却費は2,000千円、減損損失は3,000千円、売却による帳簿価額の減少は4,000千円である。この売却によって売却損が1,000千円生じている(売却代金は当期に受け取り済み)。また、当期に仕入れた商品(代金支払い済み)を備品に転用したことで(各自推定)千円増加している。


固定ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  2. 2
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
  3. 3
    本記事は、2020年7月臨時増刊号『税理士試験 でる順予想号』の「今年の出題予想を分析する 簿記論…
  4. 4
    令和2年度(第70回)税理士試験は、8/18(火)~8/20(木)に実施予定です。 例年より2週間…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉛中村亮介( 筑波大学ビジネスサイエンス系准教授 ) …
ページ上部へ戻る