大学院体験記(通学編) ―切磋琢磨して成長を実感する

科目免除で大学院へ

若尾房市
(税理士・コンサルタント)

年齢:40歳
属性:社会人
大学院名:名古屋商科大学大学院
受験歴:
 平成15年 簿記論合格
 平成18年 消費税法合格
 平成23年 財務諸表論合格
(その他学習科目)法人税法,相続税法,事業税

私は大学の講義で簿記の面白さを知り,卒業後は簿記を活かすために税理士事務所に就職しましたが,働きながら税理士受験という道の険しさをすぐに思い知らされました。

33歳まで実に10年かけて何とか簿記論,財務諸表論,消費税法に合格しましたが,その後は実務にのめり込み合格から遠のく日々。そんな折に同僚のある言葉をきっかけに37歳で大学院進学へと舵を切り,平成28年9月から平成30年9月まで大学院で税法と経営学を学びました。

税理士を志した当初の目標である30歳からはかなり経過してしましましたが,大学院修了後40歳で税理士登録し,現在は都内の税理士法人にてお客様の経営を支えるパートナーとなるべく日々奮闘しています。

本稿は,私の大学院生活についてご紹介します。これから,大学院に進学するか検討している方の参考になれば幸いです。


固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る