新型コロナウイルスに負けない自宅学習の心得

珈琲を飲んで試験勉強

                       野田 翔一

今の状況に合わせた勉強をしよう

2020年の1月頃から広がっている新型コロナウイルスは、本稿を書いている4月上旬時点で収束する気配は見えていません。そんななか、例年であれば春ごろを少し過ぎた5月以後は、8月に行われる税理士試験の直前期と言われる時期となります。

現状、新型コロナウイルスの影響は大きく、社会的にも外出自粛といったことが行われており、それが8月の税理士試験にどう影響するのか、今回受験するつもりでいる方は気になるところかと思います。本試験は8月に行われるのかどうか。日程変更などはあるのかどうか。こういったことを思案してしまう気持ちはわかりますが、そうした最中にあっても、これまで通りのペースで勉強を続けていくことが大事になってきます。

特に、例年であれば本試験の直前期となる5月以後は、これまで以上の勉強時間の確保が必要になってきます。増えてくる答練の見直しや解き直し。問題集の解答。新規理論の読み込みや暗記と、すでに学んだ理論の塗り直しなど。やるべきことが増えるため、おのずと勉強時間も増えてきます。

そのために、今年の本試験に向けては、やはり新型コロナウイルスの影響はあるでしょうから、少なからず勉強をする環境が変化することは想定しておいた方がよいでしょう。例年とは異なる状況において、「勉強できるときに」「勉強できる場所で」「やれる勉強をやる」ことが大事になってきます。

自宅メインの学習になる

勉強をする環境としては、自宅、受験学校の自習室、カフェ、職場の休憩所などが挙げられるかと思います。特に、受験学校に通って講義を受けている方は自習室を利用することが多いでしょう。

ただ、4月上旬の受験学校の動向を見ると、新型コロナウイルスの影響で休校している様子ですし、同じく普段なら開放されている自習室も閉鎖されているようです。また、カフェは営業時間が短縮されたり休みになっていたりと、いつも通りではありません。職場も同じく制約を受けることが多いでしょう。

となると、本年のこの状況では自宅で勉強をすることが一番、その影響を受けないといえます。

自宅だと集中できない方へ

自宅以外での勉強場所を使えないとなると、自宅で勉強するしかありません。ウイルス対策を考えれば、不特定多数の人と接しない自宅という環境は、それなりに安全といえます。

また、外出自粛要請がある状況であれば、自宅で勉強するしかありません。普段から自宅で勉強をしているとか、自宅での勉強に慣れている方は特に問題ありませんが、そうしてこなかったという方も多いと思います。私が税理士試験の受験をしていたときは、勉強時間の半分以上を自習室で行っていました。

正直なところ、自習室をはじめとした外で勉強をすることに慣れていると、自宅で勉強をするのが難しく感じます。自習室で勉強机以外何もない状況では、勉強に向き合いやすいです。

一方で、詳細は後述しますが、自宅学習を自習室と同じように考えていると、うまく勉強を進めることができないことがあります。そんな自宅でも集中して、最大限パフォーマンスの高い環境を作りたいわけです。

そのための提案として、自宅での勉強環境という論点を中心に話を進めていきます。


固定ページ:

1

2

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    このたび,会計人コースBOOKSとして『大学院ルートで税理士になる!』が刊行されます。 「会…
  2. 2
    公認会計士試験受験生のみなさん、就職活動について、お悩みはありませんか?会計専門のエージェントであ…
  3. 3
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
  4. 4
    こんにちは,編集部です。 2020年8月18日~20日、第70回税理士試験が行われました。受…
  5. 5
    税理士試験を受験されたみなさま、暑い中、おつかれさまでした。今年は、例年と異なる日程、会場の変更や…
ページ上部へ戻る