税理士・会計士受験生必見! 桜井久勝先生著『財務会計講義』、 そのよりよい読み方・使い方を担当編集者が考えてみた!①


1 本書のよい点って?

まず、本書のよい点をみていきましょう。

私が本書の担当になった時、すでに本書は受験生にも支持されており、また全国の大学でも多数採用されていました。
しかし、当時の私、一通り読んではみたものの当初そのよさがイマイチわからなかったんですよね……。(桜井先生、ゴメンナサイ)

で、採用してくださった先生に片っ端から「本書のどの点がすぐれているのか?」を聞きまくりました。

いろいろ伺ったのですが、集約すると以下の4点でした。

① 財務会計の全体像を420頁弱という通読できる分量を単著でまとめていること

② 文章で説明するだけでなく、取引・事象を数値例と仕訳で考えることで、その取引・事象の財務的影響を明確に認識できるとともに、その会計基準への理解が深まること

③ 自説を極力おさえて、オーソドックスな解説に徹していること

④ 制度改正が頻繁に行われている中、毎年改訂して最新の制度改正をフォローしていること

①~④について、もう少し詳しくみていきます。


ページ:
1

2

3 4

関連記事

【最新】会計人コース 2020年4月号発売中!

ランキング

  1. 1
    受験生の皆さん、桜も咲き、暖かい日が増えてきましたね。今年は新型コロナウイルスの影響で、お花見も自…
  2. 2
    国税庁
    会計人コースWeb編集部 コロナウイルスが感染拡大している影響もあって、編集部宛てに「今年の…
  3. 3
    名前:岩上孝子さん(30代,税理士事務所勤務)合格科目:簿記論(平成24年),財務諸表論(平成25…
  4. 4
    この記事は『会計人コース』2020年4月号の付録「これだけは解いておきたい 簿・財 Aランク過去…
  5. 5
     みなさん、財表理論、どう勉強していますか?  税理士・会計士受験生の中には、「計算は得意だ…
ページ上部へ戻る