消費税法は「ハイブリッド方式」の下書きを使って解く


ネーミングセンスって大事ですよね。

「ハイブリッド」な解き方って聞くと、まず「えっ!? なに、なに??」となりますし、「ハイブリッド」にはすごくポジティブなイメージあります。

しかも、実際の解き方がとても効率的でわかりやすいので、真似したくなります。

受験生ブロガーのYU ME NO U Eさんが、先日官報合格をされた芹さん考案の「ハイブリッド方式」を、ご自分の解き方も載せつつ紹介しています。

ハイブリッド方式~消費税法の下書き・書き込み~ その1

オリジナルサイト:資格の先のYU ME NO U E

ちなみに、YU ME さんがブログのなかで触れている、芹さんの合格体験記というのはこちらです↓。

ぜひぜひ、参考にしてください☆

ちなみにYU MEさん、「その1」ってことは「その2」もあるんですか?
楽しみにしています(*^_^*)


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る