消費税法は「ハイブリッド方式」の下書きを使って解く


ネーミングセンスって大事ですよね。

「ハイブリッド」な解き方って聞くと、まず「えっ!? なに、なに??」となりますし、「ハイブリッド」にはすごくポジティブなイメージあります。

しかも、実際の解き方がとても効率的でわかりやすいので、真似したくなります。

受験生ブロガーのYU ME NO U Eさんが、先日官報合格をされた芹さん考案の「ハイブリッド方式」を、ご自分の解き方も載せつつ紹介しています。

ハイブリッド方式~消費税法の下書き・書き込み~ その1

オリジナルサイト:資格の先のYU ME NO U E

ちなみに、YU ME さんがブログのなかで触れている、芹さんの合格体験記というのはこちらです↓。

ぜひぜひ、参考にしてください☆

ちなみにYU MEさん、「その1」ってことは「その2」もあるんですか?
楽しみにしています(*^_^*)


関連記事

【最新】会計人コース 2020年3月号発売中!

ランキング

  1. 1
    名前:岸川 祐次 さん年齢:50代(2020年1月で大台に乗りました)職業:税理士法人勤務合格科目…
  2. 2
    『間違いだらけの計算問題』(会計人コース3月号別冊付録) 今年の春に小学校に上がるうちの長男…
  3. 3
    珈琲を飲んで試験勉強
    簿記は「仕訳に始まり仕訳に終わる」って言われます。 でも、取引などをどう仕訳するか覚えるだけ…
  4. 4
    簿・財(第69回)合格者×受験生-聞きたい・知りたい 合格者のホンネ この記事は『会計人コー…
  5. 5
    野中麻衣子さん(会社員) ●合格科目簿記論・財務諸表論(平成17年)消費税法(平成2…
ページ上部へ戻る