【毎日簿記10分ドリル】第1回:当座預金


問 題

次の〔資料〕に基づき,次の問に答えなさい。

問1 必要な整理仕訳を示しなさい。

問2 貸借対照表の当座預金はいくらか求めなさい。

〔資料〕

決算に当たり,取引銀行から取り寄せた残高証明書に記載された当座預金の金額529,800円と当社の当座預金出納帳の残高567,200円が一致しないことが判明した。不一致の原因を調査したところ,次の事実が発見された。

(1)  仕入代金として仕入先に渡した小切手85,300円が引出未済になっている。

(2)  買掛金の支払として振り出した小切手173,400円が,まだ仕入先に手渡されないままになっている。

(3)  当期決算日の銀行営業時間終了後に夜間金庫に当座預金として預け入れた現金230,500円が,銀行で翌日に処理されている。

(4)  借入金の利息が当座預金から引き落とされたが,当社で未記帳になっている。なお,当該利息の金額は推定すること。

〔平成28年第Ⅱ回短答式問題3・改題〕

解答用紙

〈ヒント〉
当座勘定調整表(両者区分)を作成して,銀行側の修正後残高が問2の当座預金の解答となる。次に,(4)企業側修正の金額を推定して,問1の仕訳を考えよう。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る