つぶ問11-3(財務諸表論)―企業結合、事業分離


「つぶ問」は、『会計人コース』2018年9月号~2019年8月号の連載「税理士試験 独学合格プロジェクト」簿記論・財務諸表論に連動してTwitterで週1回配信した問題です。「粒ぞろいな問題」を「つぶやく」ことから、「つぶ問」とネーミングしました。
合格には、勉強をしない日を作らないことと、スキマ時間を活用することが大切です。「つぶ問」は簿・財それぞれ平日1問ずつ更新していきますので、ペースメーカーとしてご活用ください<1‐1~11‐4(最終)>。

【問題】

 次の文章を読んで、各問に答えなさい。字数の指定はないこととするが、極力簡潔に述べること。

[文章]

 株式会社X社では、株式交換によって同業他社のY社を完全子会社化し、その事業規模を拡大することとした。そこでX社の経理担当者は、当該株式交換の会計処理について相談するため、同社のM&AアドバイザーであるA氏に株式交換関連資料を提示した上で、「本件株式交換の会計処理について、弊社ではどのように進めて参ればよろしいでしょうか?」と相談した。

 すると、A氏は一通り資料に目を通した上で、次の〔株式交換における交換比率と交付株式数の算定〕を示しながら、「ところで御社の発行済み株式総数は、株式交換によってどのように推移されましたでしょうか? それによって、本件株式交換について、御社が実施されるべき会計処理方法は異なります。」と答えた。

〔株式交換における交換比率と交付株式数の算定〕
 株式の交換比率は、当社およびY社の株式交換日における株式市場価値(以下、株価)を基礎として算定している。株式交換日における当社の株価1,000円に対して、Y社の株価は5,000円であったことから、Y社株式1株に対して当社の株式5株を交付した。
 その結果、Y社の発行済み株式総数2,000株と交換に、当社の株式10,000株をY社株主に交付した。

(問1)

 A氏の発言にある下線部に対して、仮に株式交換直前のX社の発行済み株式総数が40,000株であった場合、株式交換について、個別財務諸表上および連結財務諸表上で、それぞれX社が行うべき会計処理について説明しなさい。なお、解答に際しては取得原価の計算過程を明らかにすることとし、自己株式については一切考慮しなくてよいものとする(以下、同様)。

(問2)

 仮に株式交換直前のX社の発行済み株式総数が2,500株であった場合、(問1)と同様のことを答えなさい。


固定ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    CONTENTS最寄り駅海浜幕張駅からの道順オススメ昼食スポット会場周辺のトイレ体温は何度上がる?…
  2. 2
    本記事は,会計人コース2019年8月号「ラスト1ヵ月の準備がカギ! 試験開始までの過ごし方」を編集…
  3. 3
    CONTENTSラッキーな出来事アンラッキーな出来事やっておくといいこと持っていくといいもの下見は…
  4. 4
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
ページ上部へ戻る