【イメージでつかむ会計基準】最終回:制度会計


渡邉 圭

現代の企業は、株主、不特定多数の投資家、税の申告など、財務諸表を使っていろいろなところで会計報告を行います。

その際、それぞれの利害関係者のために、法律の規制に配慮しながら企業の会計実務が行われています。

1つめは会社法会計です。会社法会計は会社法に基づく会計です。会社法は、企業の利害関係者である株主、債権者、経営者等の利害関係者の間で利害を調整するために会計を規制して、財務諸表の開示を要求しています。

次に金融商品取引法に基づいた金融商品取引法会計です。金融商品取引法は、投資家への情報提供のために会計を規制して財務諸表の開示を要求しています。

最後に税務会計です。これは税法に基づいた会計で、課税の公平性という観点から企業の納税額を計算するために会計を規制しています。

時間があったら、会社法適用会社と金融商品取引法適用会社が開示する財務諸表の違いについて調べてみても理解が深まりますよ。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る